なまった体に喝を入れる

【山日記 7】 2004/09/12(日) 宝満山
a0013751_1747366.jpg

なまった体に喝を入れるため、久しぶりの宝満山へ向かう。

宝満山(829m)は福岡近郊の人々に親しまれている山だが、結構キツイ登りや岩場もあり、トレーニングには最適。この山からアルプス・ヒマラヤを目指す人もいる。

a0013751_17565052.jpgまずは腹ごしらえ、            登山口に近い「そが泉」へ。
ここは、本格派さぬきうどんを食べさせるお気に入りの店。この数日涼しい日が続いたが今日は非常に暑い。冷たい「ぶっかけうどん」を注文。程なく出されたうどんは、見目麗しく綺麗に盛られた具材。    麺は相変わらずムニムニとした食感。
しかし、表面がやや柔らかい… 
おそらく茹で置き。残念ながら少々タイミングが悪かったようだ。
次回に期待しよう。

a0013751_17497100.jpg登山口の「竃門(かまど)神社」に車を置き、正午に歩き始める。
この神社は縁結びの神様らしく、ステキな女性が願掛けをしている。
「フムフム…大願成就だな」と見ていると、後ろから呼び止められた。
ドキッ!振り返ると職場のA倍さんだ。「今日はどうしたの」と聞くと、
「レッツハイクが中止になったので来た、もう下山する」とのこと。
10月の「レッツハイク宝満山」がんばりましょう!

a0013751_1821463.jpg歩き始めてすぐ後ろに若人がついてきた、
追い越すのかなと思ったが、ずっとついてくる。
「まあいいや」と無視して歩いていたが、
煽られ徐々にペースが早くなり、途中で息が上がってしまった。
結局、山頂まで90分もかかる。以前は60分だったのに…トホホ。
山頂は人が多く座る場所もない、ご神体の岩の上まで人がいる?
あの岩に登るのは止めましょう、バチが当たります!

さっさと水場へ移動し「水浴び」をする。
此処の水は冷たくて美味しい。
裸になりザブザブと水をかぶる。


a0013751_18225785.jpgサッパリとしたところで、午後2時に山小屋の前で遅い昼食。
しかし、ここでガスボンベを忘れて来たことに気がつく…トホホ
しかたないので寂しくクッキーを囓るが、三切れじゃひもじいよ~
ビールもないので、ふて寝をして2時半に下山を開始する。
ストックもCW-Xもないが、下りは快調。
途中、二人連れのおばちゃん達に道をふさがれたが、
二人の会話を聞いているとこれが結構面白い。
ほとんど「自分はどこそこの山に行った」などの自慢話ばかり、
可笑しくてしばらくつけてしまった(自分も気をつけなくては)

a0013751_1823754.jpg3時半に駐車場に到着。
着替えて車を出すと突然の雷雨!間一髪セーフでした。

しかし、この体力じゃもう登山は無理かも…
今年は月イチぐらいしか登ってないしな~
イチから鍛え直そう。



「そが泉」 場所:只越え三叉路 ぶっかけうどん510円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-09-16 18:37 | 山登り  

<< 結局「ごぼう天」だった ごま油の香りが印象的なチャンポン >>