ひとり、山の中で過ごすのも良かですな~

【山日記08】 2004/09/20(月) くじゅう
a0013751_1751733.jpg

半端な連休。せっかくなので「くじゅう」に行くこととする。
思いつきのため、同行者無しの単独行。天気は?コースは?
ほとんど無計画状態。しかし、「天幕」は持っていこう。

a0013751_16104667.jpg
自宅を9時に出発、福岡インターから高速へ。
途中「基山P・A」で朝食。
ここは「肉うどん」が評判だが、20円安い「かしわうどん」
ところがすっごく甘い!肉うどんも甘かった記憶があるが、
このうどんの甘さは、スメの味が吹き飛ぶ甘さ。
麺は冷凍うどん独特の、妙にぷりぷりした歯ごたえ… 
これはこれで充分ですけどねぇ~ やっぱ「肉うどん」かな。
a0013751_16114910.jpg


玖珠インターを10時半に下り、途中で買い出しをする。
くじゅう方面は雲が多い。長者原到着11時半。
腹も減ったので長者原ヘルスセンターにて「かけうどん」を喰う。本日2麺目!
ここも冷凍麺。以前は市販の麺をビニール袋から出して茹でていたけど…
しかし、ここもだいぶ雰囲気が変わったなぁ~ 
おばちゃん達が知らない顔ぶれになってしまった。
社長も替わったのかな?

a0013751_16193299.jpg身支度を整え12時に出発。とりあえず「すがもり越」を目指す。
歩き出すと、徐々に天気が回復し日差しが出てきた。
硫黄岳の噴気を右手に見ながらガラ場を登りつめると「すがもり越」。
避難場所に荷物を下ろし大休止。13時半に出発する。
正面に「大船山」を見ながら北千里浜を抜け、法華院温泉山荘に下る。



a0013751_16242696.jpg
法華院温泉山荘到着14時半。
ホットしたところで缶ビール購入。
ここは、「酒屋」の許可を受けており、
定価で酒が売っている。缶ビール270円は良心的! 
しばらく休憩し「坊がつる」へ向かう。
途中狂い咲きの「ミヤマキリシマ」がチラホラ。
これも異常気象のせい?

a0013751_16295534.jpg
「坊がつる」到着15時。天気は何とか持ちそうなので幕営を決定。
他に2張りの「天幕」がある。どちらも単独行…
物好きは居るものだ。
設営を終え、入浴のためもう一度法華院へ。

最近、法華院の風呂が本館に移築されたとのこと。
受付で500円を支払い、期待を胸に浴場へ向かう。
真新しい扉を開けると、オォ~!ピカピカの脱衣場。流しと鏡もある。
浴室に入ると正面に大きな窓があり、その向こうに「大船山」が望める。
湯船に浸かりながら、夕日に染まり刻々と色を変える山体を見ていると、
「ふぅ~ホントに山に来て良かったなぁ」としみじみ…

a0013751_16324110.jpg
湯上がりに再び「ビール」を購入し、テントへ戻る。
日も暮れ、夜空は銀の粉をバラ撒いたような満天の星空。
それをつまみに独りでカンパイ! 
夕食は「親子丼」と「豚汁」。
即席だが充分満足。山では何喰っても美味いな~
トリスをちびちびやりながら9時に消灯。
ただ、中岳方面から雲が出てきた。

夜中2時頃ふと目が覚める。
風が出てきてテントが煽られる。
それに、切れかかった蛍光灯のような青白い光。稲妻だ!
一瞬「雷に打たれる?」と不安になり、避難小屋への脱出を検討するが、まだ雷鳴はしていないので、音が聞こえたら逃げることに。a0013751_16363826.jpg

結局、そのまま6時まで寝ていたが、こんどは雨が降り出した。
テントを担ぎ風雨の中を避難小屋へ…早く逃げるべきだった。
a0013751_16381597.jpg
2張りの「天幕」はすでに見えず。
雨は降ったり止んだりだが、「大船山」に登ることに。
避難小屋を7時45分に出発「段原」到着9時。稜線は風がかなり強い。
山頂到着9時10分。山頂は強風で吹き飛ばされそうだ。
視界はゼロ、早々に下降開始。避難小屋到着10時半、誰とも会わず。
a0013751_1648271.jpg
テントを畳み下山だが、いよいよ土砂降り… 
避難小屋発11時半。
とぼとぼと雨ヶ池へ向かう、
ここでやっと「マツムシソウ」を発見。
この花を見に来たのだが、なんと電池切れ!
何とか一枚だけ撮る。
標高が下がると風雨も弱まり、
あとは長者原まで一気に下るだけ。
しかし、台風の影響だろうか倒木が多く歩きにくい。


a0013751_16521841.jpg
長者原到着13時15分。
荷物を車に放り込み、急いで「筋湯」に向かう。
「筋湯」は昔から有名な湯治場。
共同浴場には「日本一のうたせ湯」がある。
日本一かどうかはわからないが、
4mほどの高さから落ちるお湯は効く。
筋肉痛・疲労・肩コリなどに効果抜群。
30分ほどうたれるとコリが消えた。
頭にあてると毛が生えてくるかも? 
ここも「温泉疑惑」が新聞に出たが、
もともと、大岳の地熱発電所からの蒸気や
噴出したお湯を使っていたのだ。
隠していたわけではない… 
なんか言いがかりのような気もする。
最近改装され湯船やうたせ場が綺麗になっていた。

サッパリしたところで、帰宅の途へ… 自宅到着19時。
a0013751_1753788.jpg

ひとり、山の中で過ごすのも良かですな~


a0013751_1775847.jpg


基山パーキングエリア食堂 かしわうどん 370円




a0013751_1783870.jpg


長者原ヘルスセンター かけうどん 450円




□法華院温泉山荘
□筋湯温泉共同浴場
[PR]

by hiroshige.m | 2004-09-23 17:55 | 山登り  

<< 昔なつかしいうどん 貴重な比内地鶏を使った一品 >>