中華粥と肉じゃがのセット

【麺日記134】 2004/09/28(火) 鑫焱亭(きんえんてい)
a0013751_2358465.jpg

今年6月にオープンした店。
こぢんまりとしているが、上品な雰囲気の店内。
日替わりの定食は「お粥」と「焼きめし」の2種類から選ぶ。
当然「お粥」を注文。本日は「中華粥と肉じゃが」のセット。

壺のような器によそわれた粥には、8種類の漢方が入っている。
ライチの皮はわかったが、他はまったく不明。
フワッと独特の香りがするが、イヤな感じはしない。
それどころか、結構量があるのにスルスルと入る。
さらに、ザーサイや梅干しを乗せると一段とすすむ。
肉じゃがもボリュームたっぷり。

揚げ春巻きやマンゴープリンも付いて、満腹の一品でした。

場所:警固2丁目「秀ちゃんラーメン」のそば 中華粥定食760円

a0013751_034114.jpg

金木犀

大風で花芽がたくさん落されたが、

今は懸命に花を咲かせ、

香りが辺りを彩る。
[PR]

by hiroshige.m | 2004-10-04 00:25  

<< 「木楽屋」が閉まっているような... 美人は三日で…と言いますが >>