何時来ても味が安定している

【麺日記160】 2004/11/13(土) 二葉亭デイトス店
a0013751_125222.jpg

駅の食堂なので、旅行者向けの値段だし愛想も無い。
しかし、博多駅に来たら何故か喰いたくなる。

たっぷりの野菜とラーメンとしては太めの麺。
コッテリとしたスープだがしつこくなく、
野菜の旨味がじんわりと溶け出しシミジミうまい。
さらに、何時来ても味が安定していて、
期待を裏切られることがない。

a0013751_143926.jpgこの、「味が安定している」ことは非常に重要で、
一度食べて美味いと感じ、その味を期待し再訪問しても、
期待どおりの味でなかった場合の落差は大きい。
こんな経験をすると、しばらくは行く気が失せてしまう。
もっとも、段々と良くなって行くようなケースは別だが。
それにしても、味のブレが大きい店は足が遠のく…

そういう意味でも貴重なお店です。
それと、相変わらずここの「辛子高菜」はカライなぁ
これからもずっとこの味を守ってください。

場所:博多デイトス2F  ちゃんぽんラーメン700円

a0013751_151960.jpg

昼食に八仙閣にてパリパリ皿うどんを食す。
期待していなかったが、なかなかウマイ!
おごりだったので価格失念…
[PR]

by hiroshige.m | 2004-11-22 01:10 | ラーメン  

<< 溶け出したチーズが麺にからむ 苦労して来た甲斐があったなぁ~ >>