日々研究ですな

【麺日記163】  2004/11/21(日) 粉のくら 蒲田店
a0013751_23583939.jpg

山の帰りに、二度目の訪問
前回は「麺はそこそこだが、スメに力が無い」印象だったが、
さて、今回のうどんはいかがなものか?

4時近くの半端な時間帯と言うこともあり、客はちらほら。
以前に比べると品数も増え「チャンポンうどん」などもある。
周りを見ると「釜揚げ」や「ざる」を食べている。
しかし、この店オススメの「ごぼう天うどん」を注文。

メニューの写真どおりに天ぷらがレイアウトされたうどんは、
華やかなイメージで期待させる。
麺は、やや細身だがプリンとした食感。コシも感じられ上々。
スメはと言うと… 以前と違い、力が増している感じ。
具体的にどう違うのかと問われても答えられないが、
良く言えば「コクと香りが増した」スメになったような…
悪く言えば「ウエスト」のスメに近づいてきたような…

a0013751_00012.jpgおいしくいただきましたが、
ごぼうの厚みが一定でなかったため、
火の通りがバラバラ。
生っぽい部分がボリボリと硬く、
噛み切るのにひと苦労。

先日もテレビに「豊前裏打会」が出ていましたが、
日々研究ですな。

場所:東区蒲田3丁目 ごぼう天うどん500円
□粉のくら
□津田屋官兵衛豊前裏打会
[PR]

by hiroshige.m | 2004-11-26 00:04 | うどん  

<< 昔の雰囲気を残すところは 日が暮れたらデル? >>