一気にタイムスリップ

【麺日記168】 2004/11/24(水)Part2 みやけうどん
a0013751_0242045.jpg

「一楽」のラーメンの後は、
ピリッとした坦々麺が喰いたいので「しま屋」へ。
ところが2時をまわってしまい「準備中」の看板が…
これで「しま屋」は3回連続の空振り。
つくづく「縁が無いなぁ」と帰りかけるが、
「みやけうどん」の看板が目に入る。
久しぶりに行ってみるか!

暖簾をくぐると一気にタイムスリップ…
タタキから直接生えたような細長いテーブル。
カウンターの中には「大釜」が据えられ、
スメの入った徳利と、麺茹でのザルが入っている。
何十年も、このスタイルが守り続けられているのだ。

うどんも古いスタイルそのまま。
麺の太さは直径が1cmはあるだろうか。
今どきの博多うどんはココまで太くない。
表面は柔らかく、噛んでもコシは感じられない…
おまけに太さのせいで一気にススれず。
しかし、この麺が「博多うどん」たる所以。

a0013751_026624.jpgスメは醤油が強く、やや塩辛い感じもするが、
昆布の旨味でまろやかになっている。
これも「博多うどん」の基本ですな。

ズルズル、モグモグと食べ上げ「フゥ~」
「博多うどん」のシーラカンス?
ばってんウマかけん、これでよかろーもん!

場所:博多区上呉服町大島眼科そば  
かけうどん300円(値上げ?)
[PR]

by hiroshige.m | 2004-11-30 00:31 | うどん  

<< 老舗ラーメン屋の逸品 久々のうまかラーメン >>