老舗ラーメン屋の逸品

【麺日記169】 2004/11/24(水)Part3 博龍軒
a0013751_2131321.jpg

「みやけうどん」を食べた後は帰るつもりだったが、
なんとなく物足らない。
そこで、この近くでナニか無いかとうろつく。
「元気一杯」も発見したが、恐ろしげな噂が頭をよぎりパス。
「三九」「ベリー」「スパゲッチのみその」などもあったが、
どれも、いまひとつ食指が動かず…
そこで、少し離れるがグリさんのオススメ「博龍軒」へ。

ココは、白濁豚骨ラーメンの元祖と言われている店。
店の奥では出来立てホヤホヤのチャーシューを、
団扇で冷やしているのが見える。
これがエラクうまそうだ。
そのままカブリツキたい衝動にかられる。

a0013751_21334622.jpg小振りのどんぶりで出されるシンプルラーメンは、
チャーシュー・ネギ・キクラゲのトッピング。
特徴的な扁平な麺は、
店内で打っているとのこと。
ツルツル、プリプリの食感。
スープは醤油ダレが効いた野性的な味わい。

3人の女性がチームワーク良くラーメンを作る。
「一楽」といい、手際のよさも味のひとつです。

老舗ラーメン屋の期待通りの逸品でした。

場所:東区馬出2丁目九大医学部そば ラーメン500円
□博龍軒
[PR]

by hiroshige.m | 2004-12-02 21:50 | ラーメン  

<< 最近店名を変えた 一気にタイムスリップ >>