ファミリー向けの味付け

【麺日記189】 2004/12/18(土) 黒船亭 大宰府店
a0013751_085298.jpg

麦夫君を病院に連れて行く。変な病気じゃなければよいが…

帰りに3号線バイパスを走っていると、
以前は回転寿司屋だった所に見慣れない店を発見。
真新しい「担々麺専門」の幟が目に付く… 早速探検だ!

a0013751_012636.jpg外見はロッジ風。店内もウッデイで中華料理を感じさせない。
献立は黒船・白胡麻・黒胡麻・金胡麻・排骨の5種類の担々麺と、
鶏のから揚げ・水餃子・棒棒鶏などの単品。
さらに、各担々麺と焼き飯などのセットメニューもある。

辛さは、白胡麻→金胡麻→黒胡麻の順に辛くなるとのこと。
とりあえず、真ん中の「金胡麻担々麺」を注文。
麺は中くらいの太さ。ただ、麺の質のせいかほぐれにくい。
スープは思っていたほど辛くはなく、やや甘めの印象。
しかし、小さく刻まれた各種の薬味が効いていて結構イケる味。

ファミリー向けの味付けにされているようで、
突出したものは感じられないが、
誰もが食べやすい「担々麺」ではないでしょうか。

ちなみに、今月の15日がオープンだったとのこと。
「大宰府店」は熊本「植木店」に続いて2店目だそうです。

場所:太宰府市梅光苑 3号線バイパス星ヶ丘交差点 金胡麻担々麺650円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-12-23 00:13 | その他の麺  

<< 海老料理が人気の店 家族そろっての泰国移住? >>