じっくりと焼いたほうが○かな

【麺日記197】 2004/12/30(木) 上村うなぎ屋
a0013751_011519.jpg

山仲間と合流し「市房山」に向かう途中、
以前から行きたかったお店「上村うなぎ屋」へ。
創業90年の老舗、民芸調の雰囲気のある店内。

先ず、名物の「朴葉焼き」を食す。
二枚重ねの朴の葉に乗せられた味噌とシイタケ。
さらにうなぎの蒲焼を乗せ、かき混ぜながら焼く。
味噌の味とシイタケの香りがうなぎの旨味とコラボ!
食いしん坊ばかりだったので一気に食べてしまったが、
焦げる寸前ぐらいまでじっくりと焼いたほうが○かな。

a0013751_0122870.jpg次は、「うな重」
「並」だったのでうなぎは4枚だが、一切れが大きい。
タレをぶっかけアッという間に完食。
九州らしく甘めだがウマ~でした。

リーダーのY下氏は「セイロ蒸し」を食す。
帰りに骨センベイをお土産にもらってラッキー!

場所:熊本県人吉市紺屋町129 朴葉焼き1900円 うな重1700円 
□ 上村うなぎ屋
[PR]

by hiroshige.m | 2004-12-31 00:30  

<< 今年最後の登山は市房山 ホームでは茹で置き麺がピシャリ >>