今年最後の登山は市房山

【山日記15】 2004/12/30~31 市房山
◆ 自宅→大牟田→人吉→市房キャンプ場→市房山→人吉→大牟田→自宅
a0013751_21421176.jpg

恒例の忘年登山も何回目だろうか?
今年最後の登山は、熊本県南部にある「市房山」

◇12/30(木)
博多駅発8:15分のリレーつばめに乗り集合場所の大牟田へ。
時間通り8:59着。早速Y下隊長にお迎えに来てもらうが、
他のメンバーと合流し出発できたのは結局10時…

a0013751_2202495.jpg菊水ICより高速に乗り
人吉をひたすら目指す。人吉着12時。
隊員のうなぎ好きがどうしても
喰いたいと「上村うなぎ」を探す。
うなぎはかなりウマイが、
注文して30分も待たされちまった。

人吉発13:30。
途中「あさぎり町」で食料品を購入する。
隊員のワガママで鍋の材料がバラバラ… 
この際、ヤミ鍋でもいいか?
先日の雪で白く彩られた市房山が遠望され、胸が高鳴る。

a0013751_22342788.jpg市房山キャンプ場着16時。
本日の宿泊は我々一組のみ。
ログハウス風のロッジは新しく、
風呂・便所・台所も付いている。
鍋の準備を始め18時には乾杯!
宴は延々と11時半まで続く。
しかし、いつの間にか外は雨。
北部九州は大雪で交通機関がマヒ?
ベッドは快適だったが、
某隊員のイビキ激しく睡眠不足zzz…

◇12/31(金)
相変わらずの寝起きの悪さ! 6時起床の予定が7時近くになる。
とりあえず、パンの朝食と後片付け、準備を終え7:40に出発。
霧雨模様だが雨具は付けずに歩き出す。10分程度で山道に入る。
薄暗い登山道はかなり荒れており、正しいルートが判然としない。
慎重にテープを辿り1時間ほど登ると「市房神社」に到着。

a0013751_22135956.jpgここでY下隊長が「体調不良」
隊員を放置し(?)単独下山。
これから、3名で山頂を目指すことに…
すぐに1名泣きが入るが、
これを許さず引きずって歩き出す。
その後隊長は無事下山。

風雨が強まり気温も下がるが、
そのうち雪に変わるだろうと進む。
だが、5合目付近の馬の背を過ぎたあたりで雪が深くなってきた。
7合目まで来るとガスが晴れ、雪山らしく樹氷などが目に付く。
登山開始から3時間。8合目で小休止を取り、水と行動食を補給。
あと1時間で山頂に着けるか不安だが… 時間は気にせずに行く。

a0013751_22204926.jpgトレースがあるため道を間違えることなく
12:20山頂着。
前回来たのは何時頃だったろうか?
今回は展望が全くナシ。
仕方なく記念写真を撮り、
隊長に登頂報告を行い早速下山開始。
時々、晴れ間も見えたが、
逆に雪がかなり降り出して来た。
途中3名の隊員全てが、
スリップ・転倒・転落?を経験…
気をつけましょう! 
キャンプ場着15:30(予定通り)

a0013751_2225494.jpg帰路「湯前温泉 遊楽里」にて入浴するも、
芋の子洗い状態。
やむなく、早めにあがったが、
入浴料300円じゃ仕方なしか?
人吉ICより高速に乗り、
山江SAで「山江ラーメン」を食す。
豚の角煮とキャベツのトッピングは面白いが、
トンコツラーメンにしては、
あまりトンコツは感じられない…

大牟田駅まで送ってもらい20:56発
リレーつばめ62号に乗車。
缶ビールを飲みつつ10時半に帰宅。今年最後の登山は無事終了…

a0013751_22364337.jpg今年はブログを始めたことがきっかけとなり、
意識的に山行報告をつけるようにした。
おかげで、ブログ魂が燃え?例年より回数は多くなった。

来年はキャンプをはじめとした登山内容の充実や、
北海道遠征?も視野に入れた山行を実現したいなぁ

□ 湯前温泉 遊楽里
[PR]

by hiroshige.m | 2004-12-31 00:51 | 山登り  

<< 今年もよく麺喰いました じっくりと焼いたほうが○かな >>