タンタンメン

【麺日記03】 2004/01/07(水) 「龍の子」

翌日は体調も戻ったので、以前から懸案だった坦々麺の「龍の子」に。
ここは何度か店の前まで行ったが、休みや開店前だったりで未食だったところ。

ネットでも評判の店だったので、いやが上にも期待感は高まりどきどきしながら入店。
冬用のビニールの暖簾をくぐると、約10席程度のカウンターのみ。
ほぼ満席だったが一番端に空きを見つけ着席。

こじゃれた雰囲気で、見回すと客は女ばっかり…(味はどうなのかやや不安になる)
メニューを見ると坦々麺以外にも2~3種類の麺があるが、ここは基本の坦々麺を注文。
すると「野菜は何にします?」と言われ「?」とメニューを見ると。
「ニラ・チンゲンサイ・ルッコラ」の中から一つを選ぶことになっている。

「ふ~む、中に入れる野菜を選べるのか!面白い!」
「ルッコラってどんなんだっけ?とりあえずチンゲンサイにしよう!」と決断。

しばらく待つとやや小振りの白い丼に、緑のチンゲンサイと赤いラー油が
色鮮やかなコントラストをみせ、食欲をそそる。
まずスープをズズー、思ったより辛くない、どちらかというと酸味の方が感じられる。
ごまの香りもつよく、上品な食べやすいマイルドな味付け。

次に麺をズルズル、かなり細麺で表面がややざらざら。
しかしこのざらざらがちょうどよくスープとからみ、適度に口の中でまじる。
よく計算されて作られた麺である。
丼の底に沈んだ肉と細かく刻んだ「ザーサイ」がこれまたうまい!

一気に完食。勘定を払う頃になって体がホカホカとなり、
外に出た頃に汗が噴き出してきた。

場所:大名(紺屋町駒屋のならび) 坦々麺 600円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-13 00:33 | その他の麺  

<< クタクタ野菜 仕事始め >>