麻酔が…

【麺日記07】 2004/01/19(月) 「みすず庵」

本日は、歯医者に行き麻酔が切れないままの麺となった。

時間もないし、歯にやさしい麺として「みすず庵」の鳥南蛮そばが頭に浮かぶ。

1階は満席のため地下へ。献立表を見ると「カレー南蛮そば」の文字が…
先日、近くにある「地蔵」のカレー南蛮そばが期待はずれだったことを思い出し、即変更。

熱々のどんぶりが運ばれてきた。早速麺をススル!
ところが、口に入れたはずのそばが、いつの間にかこぼれている!
まだクチビルの感覚が戻っていないのだ。、

ソロソロとそばを口に運び、ゆっくりと噛む。これをひたすら続ける。
どうにか麺は片づけたが、問題はすめである。これをこぼすとたいへんなことに!
どんぶりをゆっくりと持ち上げ、徐々に吸い込む…
これがとっても熱い!逆流しそうになるが、必死で飲み干す。
時間はかかったがなんとか「無事完食」

ホッとして一気に水を飲む。とたんに口から噴水状態。単なるひんしゅく者でした。

お味の方は「よくわからない」って感じでしたが、
あのすめには柔らかいうどんがあってるようです。

場所:ベスト電器本店横 カレー南蛮そば 650円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-15 00:54 | うどん  

<< ロイヤル クタクタ野菜 >>