久しぶりの顔ぶれで登山

【山日記 17】 2005/ 2/ 6(日) くじゅう山 Part2
a0013751_124531.jpg

◆湯坪(民宿)⇒壁湯温泉(共同浴場)⇒日田(原次郎左衛門)⇒寶屋(昼食)⇒甘木⇒帰宅

翌日は、民宿を出た後は近くの「壁湯」共同浴場で、
この時期にしてはイヤにぬるい朝風呂を浴びる。


a0013751_172227.jpgこの後、日田の醤油屋「原次郎左衛門」で麺つゆを購入。
「鮎しょうゆ」も欲しかったが、予約のみとのこと…残念!


a0013751_1113313.jpgその後、時間調整に日田駅前の「寶屋」で昼食。
大分名物「とり天(鶏の天ぷら)」と「シメサバ」を注文。
JR組の二人は再びビールで乾杯。


a0013751_1115534.jpg飲めない運転手は、この店名物の「ちゃんぽん」を食べる。
「ちゃんぽん」はこの手のお店にありがちな和風テイスト。
まさしく駅前食堂のお味でした。(別にキライじゃないです)
でも、とり天は柔らかくジューシー!
宮崎は「チキン南蛮」大分は「とり天」鹿児島は「地鶏焼」…
九州は、とり天国?とりの天国?
日田彦山線13:40発の二人を見送り、
国道を走り(途中で洗車し)16:30帰宅。


a0013751_1124444.jpg今回は、久しぶりの顔ぶれで登山ができ、
楽しかった。
別々には行っているのだが、
一緒に行く機会がナカナカ無い…
U田さんも3月で退職されることだし、
同行する機会が増えるかな?



□ 寶屋 ちゃんぽん 650円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-02-06 01:01 | 山登り  

<< 葉隠うどんらしきオリジナリティ 快気祝いも兼ねた山行 >>