この麺をそのまま食べてみて

【麺日記 273】 2005/ 5/12(木) げんき家
a0013751_0271057.jpg

西区の麺どころが集中する福重地区に程近く、
202号バイパスから少し入った裏通り?に、
麺族の皆さんに評価の高い「げんき家」はある。

手書きの看板がアブナイ雰囲気を醸しているが、
店内はカウンターだけの小さなお店。
今回は基本の「醤油トンコツラーメン」を注文。
チャーシュー3枚・キクラゲ・ネギのトッピング。
うまみタップリの醤油トンコツスープは、
コクはあるがしつこくない。これで無化調とはナカナカ。
麺も中太だがツルツルとした食感が良く一気に啜り上げる。

a0013751_029225.jpg替玉を頼むと女将さんから「あなたは麺好きですか?」
と問われ「ヘ?好きですが…」と恐る恐る答えると、
「この麺をそのまま食べてみて」と替玉をさし出される。
「ハァ?」と思いつつもそのまま口に入れると、
確かに小麦の香りとモチモチした食感が心地よい。
「ウウマイですね」と言うと「特別注文の小麦粉だからよ」
これから暫らくお話が続き、皿の替玉がダンゴ状態に…?
しかし、間隙を突いて替玉も完食。確かにウマカですな。

お孫さんの話から小麦へのこだわり、業界の動向まで
幅広いお話を聞かせて頂き、たいへん勉強になりました。
次回はチャンポンを食わしてもらいます。

場所:西区拾六町2-7-5 ダイエー福重店そば  醤油トンコツ500円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-05-12 00:25 | ラーメン  

<< 柔らかい中にコシがある 香ばしいチャーシュー >>