酸っぱさも想定内

【麺日記 281】 2005/ 5/24(火) 中華菜館 五福
a0013751_23444343.jpg

先日サワディさんから教えてもらった酸辣湯麺を食べに「五福」へ。
広々とした駐車場に御殿のような店内。なんだか高そうな雰囲気。
しかし、ランチは800円からあるので思い切って突入。
ランチも良いが、メニューを見るとかなりの品数があり目移り…
しかし、今日の目的は酸味辛味の「酸辣湯麺」だ~!

大振りのどんぶりに、モヤシ・豚肉・青菜・ネギのトッピング。
赤々としたラー油に、プルンとした半熟タマゴが印象的。
一緒に炒められたモヤシと豚肉はシャキシャキ・プニプニ~
これだけで1品分はある。

a0013751_23462161.jpgベースの鶏ガラスープに各種の香辛料や、
軽やかな酸味の酢(黒酢?)が調和。
麺は細いがコシのある中華麺。
麺をズルズル…なかなか辛いが許容範囲内。
酸っぱさも想定内だ~
半熟タマゴを崩し黄身を麺に絡めると、
酸っぱさ辛さがまろやかになり、
また、味の変化が楽しめる。
ボリュームもタップリで大満足の逸品。

他に五目タンメンなんかもウマソ~! サワディさん情報ありがとう。

場所:西区福重3-37-5   酸辣湯麺788円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-05-24 23:30 | その他の麺  

<< 赤いナルトが印象的 直球勝負のど真ん中 >>