全体を覆う油がらしさ?

【麺日記 287】 2005/6/12(日) 赤のれん
a0013751_21365021.jpg

6月に入って気温の上昇に伴い、麺喰いのペースが落ちてきた。
そこで、家の近くで未食のラーメン店をチェックすることに。
自宅よりチャリンコで北へ向う。まず手始めに「赤のれん」だ。
情報では東区近辺には「赤のれん」を名乗る店が4軒ほどある。
天神や箱崎はかなり知られているが、それに比べマイナーな店。
平日は夜のみで、土日は昼のみ開いているらしい。

a0013751_21435512.jpg汗を拭きつつ赤い暖簾をくぐり、目的のラーメンを注文。
スープを一口すすると、はじめは軽い味わいに思えるが、
徐々にとんこつの旨みがジワジワと口の中に広がる。
麺は赤のれんの扁平なイメージとは異なり、普通に丸い。
ただ、ドンブリ全体を覆う油が「らしさ」と言えるかな?

少々足らなかったが「かえ玉はいたしておりません」とのこと。
ウ~ムはじめから大盛り(500円)を注文すべきだったか…

場所:東区和白丘3-18-1  ラーメン420円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-06-12 21:35 | ラーメン  

<< 高校生で一杯の店内 またまた勉強になりました >>