牛肉の存在感

【麺日記 302】 2005/7/2(土) 牛牛うどん
a0013751_0165630.jpg

本日は飯塚市で職場のスポーツイベントの手伝い。
今回も怪我人対応で大忙し… 皆さん気を付けましょうね!

イベント終了後、ハラも減ったしどこかで麺が喰いたい~
「大助うどん」の看板も眼に入るが、
今回は、以前から気になっていた「牛牛うどん」だ。

a0013751_0172148.jpg招き猫の石像?が印象的な外観。店内に入ると「券売機」
券売機はナニを選んだらいいか分からなくなるので苦手…
しかし、迷わず店の名前が付いた「牛牛うどん」を選択。

丼一杯にのせられた味付け牛肉にごぼう天とワカメの具。
牛肉は、大き目の塊りと細切れ肉がいいバランスで入る。
また、スメとの相性も良く嫌味がないのも好感が持てる。

麺にはこれと言った印象は感じられない。
だが、その印象の薄さが逆に牛肉の存在感を増している?
タマネギの甘さも程よく、ボリュームもある一品でした。

場所:飯塚市伊川429-1  牛牛うどん500円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-07-02 00:15 | うどん  

<< なんだかホッとする味わい 潔さが魅力 >>