干しえびがアクセント

【麺日記 312】 2005/7/18(月・祝) 十時
a0013751_013010.jpg

てん子さんのブログにあったウマソなチャンポンの店へ。
地物の魚が美味いらしいが、チャンポンが評判とのこと。
これは調査の必要ありと直感! 早速、車を飛ばし入店。

見回すと店内の客は、ほとんどチャンポンを食べている。
しばらくして出された期待のチャンポンは野菜タップリ!
噂どおり塩気の強いスープだが、魚介類のエキスが濃厚。
トッピングの干しえびの香りが、アクセントになっている。

麺は蒸し麺らしく、プツプツとした独特の歯ごたえが新鮮。
やや細めのシルエットだが、麺自体にウマミが感じられる。
最後までのノビこともなく、濃厚スープとの相性も良し。
ただ、干しえびの香りは好き嫌いが分かれるところかな。

この道沿いは蓬莱屋や松露などチャンポンが名物の店が多い。
海に近く、新鮮なシーフードを手に入れ易いせいだろうか?


a0013751_021759.jpgおまけ
近くにある「ファームレストランまねき猫」
地粉を使ったうどんを出すとのこと。

出されたうどんは珍しくフスマ入り。
色も緑や紫と色とりどりだ。
ただ、完成度は今ひとつ…
これから頑張りましょうね!

宗像地区にもウマソな店数多し。

場所:宗像市神湊1905-1  チャンポン650円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-07-18 00:00 | その他の麺  

<< 幸せになれる味わい 行列ができるのもうなずける >>