幸せになれる味わい

【麺日記 313】 2005/7/19(火) 宝島
a0013751_011895.jpg

ひさびさの宝島へ。
今日は「ワンタンメン」にチャレンジ。
麺は、細麺と平麺があるとのこと、今回は細麺を選択。

プクプクとしたワンタンとチシャ?それに煮タマゴ。
シンプルな具材だが、美しいレイアウトだなぁ
「五福」とは全く違う方向性の麺ですね。

期待のワンタンをひと噛みすると、プリンとした食感。
そして、中からジワッと肉のウマミがしみ出してくる。
麺は細めだが歯ごたえ良く、ツルツルと喉ごしも良い。
薄味のスープは、口に含むとホンノリとした鶏の香り。
だが、表面に浮かぶネギ油の香りが全体を引き締める。

なんだか幸せになれる?味わいの麺でした。
ただ、もう少し量があるともっと幸せになれるのに…

場所:西区姪浜駅南1-7-20  ワンタンメン670円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-07-19 00:10 | その他の麺  

<< 熱い麺から敵前逃亡 干しえびがアクセント >>