進化するラーメン

【麺日記21】 2004/02/16(月) 「麺や おの」

開店してほぼ一月。そろそろ味も落ち着いてきた頃だろうと、
「麺やおの」へ2回目の訪問。
最近はネットでネタにされたり、タウン誌などの露出も多くなり、有名になったようだ。

地下に降り扉を開けると、相変わらず威勢のいい声。
味の変化を確かめようと、前回と同じ「丸鶏しょうゆラーメン」を注文。

カウンターから厨房の様子を窺うと、
麺茹で、トッピング、スープなどの担当がはっきり決められ、
4人ほどの男性がてきぱきと注文をこなしている。
そして、最後に店長らしき人が味のチェックを行い、
その後配膳されていたことが印象的。

出されたラーメンは、相変わらずの豪華仕様。
具や見た目はほとんど変わらない。
しかし一口スープをススルと「ウムム…」

鰹節や鶏の旨みが充分に引き出された濃厚なスープは、
確実に前回より良くなっている。

また、炭の香りがするチャーシューが絶品!
一枚一枚丁寧に七輪で炙られ、香ばしさが逃げないうちにトッピングされる。
これだけで充分酒のアテになりそうだ

オペレーションも含め、確実に進化していることが感じられる。
これからも目が離せないラーメン屋。

場所:親不孝通り「ビビンバ屋」の地下 丸鶏しょうゆラーメン 680円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-30 00:37 | ラーメン  

<< ハーフではなくフルで 博多はごぼう天 >>