シッカリした張りとコシ

【麺日記 326】 2005/8/16(火) 大地のうどん
a0013751_115264.jpg

くぅ~!まだ暑いぞ~!! そこで「大地のうどん」だ?
最近へのさんOGTさんのサイトで話題になっていた店。
北九州の「津田屋勘兵衛」で修行された人が始めたとのこと。

期待にハラを空かせながら、キコキコと店に向かう。
ハデハデの花輪が店先に飾られ、手書きの案内が初々しい。
縄のれんをくぐり、引き戸を開けると… 先客は誰も居ず。
だが「いらっしゃいませ!」と大きな声で迎えられる。

カウンターに座り献立表を見る。かけをはじめとした
「あったか」、ざるをはじめとした「つけ麺」、
大根をはじめとした「ぶっかけ」の3種を中心に、
それぞれに「ミニ丼」が付いた「セット」物もある。
今回は初訪問ということで「ごぼう天うどん」を選択。

a0013751_1153533.jpg「豊前裏打ち会」と染め抜かれたシャツを着た女性3名が、
たどたどしくも一生懸命働く姿は美しいものです。
しばらくして出されたうどんは「豊前裏打ち会」らしく、
ごぼうの天ぷらが屏風のようにそそり立っている。
理由を聞くと「長時間パリパリとなるように」との事。
むぅ…見てくれだけではなく、そんな配慮があったとは。
でも、ヘロヘロが好きなんで、かまわずジャブジャブ~


顔を近づけると削り節の香りがほんのり…イイねこの感じ。
口に含むとパッと花が開くように香りが立ち上がってくる。
飲み込むと舌の奥に微かに残る酸味が全体を引き締める。
思わず「このスメうまか~」とつぶやいてしまう。

麺は細め。最近は博多地区でも全体的に細くなっているが、
それにしてもかなり細い。まるで「稲庭うどん」って感じ?
しかし、シッカリした張りとコシは他には無い感触だ。
全体的に良くまとめられた「美味しいうどん」です。

ただ、自転車では少し遠いのが難点かな。

□ 大地のうどん

場所:福岡市西区上山門2丁目1-18  ごぼう天うどん450円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-08-16 01:10 | うどん  

<< 大地に根付け 毎月15日は感謝デー >>