大地に根付け

【麺日記 327】 2005/8/17(水) 大地のうどん
a0013751_23525746.jpg

大地のうどん、初訪問の昨日は「ごぼう天うどん」だったが、
ヤッパリあの麺は「冷」で食べたいもの。
そこで今日は「大根ぶっかけ」を注文。
「今から麺を切りますので少々お待ちください」とのこと。
おぉ!湯がきたてが食べられるぞ。当然待ちますよ!

スポーツ新聞の「清原放出」記事を読みながら暫し待つ。
15分ほどで出された「ぶっかけ」はナカナカの美しさ。
まるで新鮮な「イカの刺身」のごとき麺に、おろし大根・
キザミ海苔・ネギ・カツオ節のトッピング。

ぶっかけのタレを全体にまぶし、レモンをギュッと絞る。
温かい麺も良かったが、冷たく締めた麺は一段と歯応えが良い。
しかし、堅いわけではなく、明確にコシというものを感じる。
「イイね~」とズルズルすすっていると、3分で食べ終わる。
冷たい麺は早いね~ 少し物足らないカンジ… 今度は大盛!

店内に飾られた色紙に書かれていた言葉

    「空にはばたけ 大地に根付け 
        …その町を愛することで強くなれる」


読んでいる間に地元のお客さんが次々と店内へ。
早くも地元に馴染んで来たようですね。

場所:西区上山門2丁目1-18  大根ぶっかけ540円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-08-17 23:50 | うどん  

<< レンゲでヤマイモも啜りあげ シッカリした張りとコシ >>