名物の辛子高菜をつまむ

【麺日記 330】 2005/8/22(月) 元祖ぴかいち
a0013751_021027.jpg

本日は夕刻から博多駅前で会議。
かなり遅くなる見込みのため、腹ごしらえだ。
そこで、博多駅前の麺処「元祖ぴかいち」へ。

昼時は順番待ちの列ができるようだが、
この夕方の時間帯はスンナリと入店。
オヤジさんはハリのある声で「いらっしゃい!」
相変わらずお元気なようで安心しました。

「黒胡麻担々麺」にもココロ惹かれるが、
やっぱり「チャンポン」をチョイス。

久々のチャンポンは、滋味あふれる優しい味。
チャンポンは一般的に塩気の強いものが多いが、
その点「ぴかいち」は上品な味付けだと言える。
しかし、味が薄いわけではなく、旨味は充分。

具も、イカ・えび・クウシン菜・ター菜など、
写真で見るより沢山の具材が入りボリュームあり。
途中、名物の「辛子高菜漬」をつまむ。
こいつは非常に辛いがウマイ(ビール欲っ!)
スープを飲み干し完食。また来ますね~

場所:博多区博多駅前3-9-5  チャンポン650円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-08-22 23:58 | その他の麺  

<< ナニを喰っても高レベル ゴリゴリと噛み砕きながら食べ進む >>