どんめん

【麺日記26】 2004/02/23(月) 「峰松本家」

天神に出たついでに「峰松本家」に行き、大好きな「どんめん」を注文する。
「どんめん」とは、うどんにチャンポンの具をミックスしたようなオリジナル麺。

サッパリしているがうまみの強いすめに、
シャキシャキのキャベツ、モヤシ、ニンジン、きくらげ等の野菜がたっぷり。
そこに刻んだ各種のてんぷらカマボコがトッピングされている。
もともとカマボコ屋だった峰松、細切れだがカマボコはうまい。

しかし、なんと言っても麺が良い。角の立った極太の麺だが、
さぬき系とは違い、はかた系の程よい柔らかさ!
しかし、柔らかいだけではなく、モチッとした歯ごたえがある。
昔食べていたうどんはこんなだったな~と思えるような食感!

何度食べても飽きない良さを感じます。
ただ、欲を言えば少し高いかな~

場所:福ビル地下 どん麺 850円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-05-02 00:21 | うどん  

<< こってりスープ? 真っ黒ラーメン >>