山は既に秋の気配

【山日記 32】 2005/ 9/ 3(土) 涌蓋山(くじゅう)
a0013751_22344693.jpg

◆ 自宅 ⇒ 武蔵寺 ⇒ 筑紫野IC ⇒ 九重IC ⇒ 筋湯(登山口)→ 涌蓋山 →
  みそこぶし山 → 一目山 → 筋湯(入浴)⇒ 日田IC ⇒ 武蔵寺 ⇒ 自宅

a0013751_22384377.jpg
とうとう8月は一度も山に行かずじまい。
しばらく続いていた毎月登山が切れてしまった。
すっかり鈍った身体に喝を入れなくては~!
そこで、T松・K島氏と「涌蓋山・わいたさん」へ向う。

くじゅう一帯は今年6月の集中豪雨で大きな被害を受け、
特に涌蓋山登山口「ひぜん湯」は小屋主さんが亡くなる等、
悲しい事件もあった。近くの筋湯の状況も気になるところ。


a0013751_22392518.jpg
筋湯の駐車場着9時。
現在は快晴だが午後から曇りの予報。
登山口の「ひぜん湯」は跡形もなく整地されていた。
小屋主さんのご冥福を祈りつつ橋を渡る。道は明瞭。
昨年10月に通ったコースをそのまま辿ることにする。



a0013751_22411497.jpg歩き始めは樹林帯の中で涼しいが、
すぐに草原地帯に出る。
とたんに日光に炙られ汗が噴出す… 
これから木陰は無い。
牛が放牧されている草原を、
鉄条網伝いに1時間ほど歩く。
「わいた越」着10時。
わずかな木陰で小休止、汗を拭う。


a0013751_22504074.jpgこれから山頂まで1時間の登り。
傾斜はあるが眺望が良い。
三俣や久住の山々から、
筋湯や地熱発電所まで見渡せる。
足元を見ると、マツムシソウ
サイヨウシャジン等の花々。
ユウスゲは殆ど終わり、
アキノキリンソウはこれからか?


a0013751_224719100.jpg山頂着11時ちょうど。辺り一面マツムシソウだらけ。
気温28度!相変らず暑いが、吹き抜ける風が心地よい。
カップヌードルとおにぎりの昼食。30分程で下山開始。
「わいた越」まで戻りそこから「みそこぶし山」へ向う。

黒牛に睨まれながら恐る恐るあいだを抜け、大草原を歩く。
しかし、広々としたこの付近の景色は素晴らしいねぇ!
思わず大の字になって寝転んでみたい衝動に駆られるが、
辺りは牛フンだらけ… よそ見しているとフンでしまう~


a0013751_2251686.jpg足元に注意しながら歩き、約20分でみそこぶし山頂。
360度遮る物が無く、歩いてきたコースが一望できる。
南東方向には次の目的地「一目山・ひとめやま」も近い。
でも、ここもフンだらけ。牛も眺めの良いところがお好き?

12時半、一目山へ一目散に… 
天候が崩れる気配は無い。
「倒壊した便所?」を横目に、笹原を分ける。

a0013751_2253341.jpg舗装路と出合った所から「一目山」への最後の登り。
15分程度だが、疲れが溜まった身には結構キツイ…

山頂到着13時半。思ったより早いペースだったもよう。
小休止し記念写真を撮影後、車道を伝い駐車場へ向う。
筋湯温泉を抜けるが、水害の影響は少なさそうで一安心。
大好きな共同浴場の「うたせ湯」で汗を流し、無事帰宅。
(掲載しちゃいましたハハハ…) ⇒


下界では真夏のような日が続くが、山は既に秋の気配。
今月は連休もあるし… 山登り再開といきますか?
a0013751_225739100.jpg

上段左より、イヨフウロ・シラヤマギク・ナンダロウ?
下段左より、ママコナ・サイヨウシャジン・マツムシソウ・ワレモコウ
[PR]

by hiroshige.m | 2005-09-03 22:32 | 山登り  

<< トンコツスープの油をどう処理し... 夏休みも終わり >>