これからも応援して行きます

【麺日記 339】 2005/9/9(金) レストラン ゆずのき
a0013751_0565894.jpg

台風が過ぎた7日にオープンした「レストランゆずのき」
知的障害者が、社会的自立を目指し働いているとのこと。
さて、どんな所か見学にうかがうことにする。

姪浜駅から南東へ約300m、九州電力ビルの東隣の立地。
入り口が駅から反対側(南)にあるため、やや判りにくい。
しかし、中に入ると広々としたエントランスは余裕の広さ。
献立を見ると、和洋中の各種メニューにデザートまである。
さらにビールやツマミの類もあり、かなりの品数!


a0013751_11163.jpgウ~ムどれにするべ? と思案しながら周りを見回すと、
ほとんどが「日替わり健康ランチ850円」を食べている。
おかず10品、飯、漬物、みそ汁、デザート、コーヒー付。
オペレーションの様子から、ヤッパコレかな?と悩んだが、
麺類が気になる… そこで「中華五目うま煮そば」を注文。

案の定?20分程待っていると、どうやら運ばれてきた…
もうノビきっているんじゃないか?とかなり心配したが、
中華そばはできたてのホヤホヤでした。
アンかけの具は、エビ・ブタ・タケノコ・キクラゲなどバラエティ豊か。


a0013751_0591355.jpg濃い目に味付けられた具材は、醤油スープとも相性よく、
最後までアツアツ~ これは結構イケルじゃないですか。
おまけに、ボリュームも充分。満足できる一品でした。

マネージャーのような人や応援の方々を見ていると、
どこかのレストランチェーンが支援しているのだろう。
障害者の方もテーブルセッティングや片付けに奔走中!



a0013751_1134100.jpgただ、全体に価格設定がやや高め?の感じがしますね。
クオリティを維持し収益をあげるという観点と、
その売り上げの配分で収入を得、自立を目指す観点。
その辺から導き出されたギリギリの価格だと思います。
しかし、ケチ利用者の観点から言わせていただきますと、
ランチはおかず5品、デザートは付けなくていいですから、
500円台にしていただくと毎日でも行ける気がします。



「知的障害者福祉工場」としてスタートした「ゆずのき」
みんな働く姿は美しい… これからも応援して行きます。

場所:西区姪浜駅南1-10-11  中華五目うま煮そば780円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-09-09 00:55 | その他の麺  

<< 箸でつかむとズッシリ 利用頻度急上昇中 >>