デッカイ鎖だ

【山日記 33】 2005/9/16~18 石鎚山 Part1
a0013751_116281.jpg

◆ 自宅 ⇒ 小倉 ⇒ 浅野港 ~ 松山港 ⇒ 松山市内 ⇒ 西之川(石鎚登山口)+
   ロープウエイ + 成就社 → 前社ヶ森 → ニノ鎖小屋 → 弥山 → ニノ鎖小屋 →
   土小屋 → よさこい峠 → しらさ峠(山荘しらさ)

今年の夏のイベントとして、四国への遠征を企画。
ただ、四国の山は今回が初めて、ならば最高峰を目指すぞ~
という事で石鎚山(1981m)に行くことに決定。
同行は「北九の御大」ことU田氏。3月の久住以来だ。





a0013751_117287.jpg
職場を定時に切り上げ、一旦自宅に戻り集合場所のU田邸へ。
荷物を積み替え、フェリー乗り場の浅野港へ、到着21時。
手続きを終えるとすぐに乗船。松山行きの船はかなり大きい。
我々は2等の雑魚寝部屋。まるで修学旅行に行く気分だな。
こんな大きな船に乗るのは初めて、なんだかワクワクするね。
定時に出航。しばし甲板でビールを飲みつつ計画を再確認。

夜景を楽しんでいたが、関門橋を過ぎる頃には風も強くなり、
一旦船内へもどる。船内には風呂がありこれは話のタネにと、
行って見ることに。だが、思ったよりこぢんまりとした湯船。
まあ、船ですから当然でしょうな、でもノンビリと入ります。
湯上りに冷えたビールを飲んでいたが消灯。おやすみなさい…

a0013751_118018.jpg
朝は4時に起こされ、下船の準備。松山港到着は5時丁度。
真っ暗な中を松山市内へ。道後温泉が気になるが高速にのる。
いよ小松ICで降り、登山口の「西之川」到着は7時丁度。
ロープウエイ前の駐車場に車を入れ、簡単な朝食と山支度。
8時発のロープウエイに乗る。たった8分で839m稼ぐ…

a0013751_1184312.jpg
山頂駅で靴の紐を締めなおし歩き始める。天候は無風快晴だ。
整備された道を20分で「成就社」一般参拝の方はここまで。
修験道の山らしく土産物屋にほら貝がある。誰が買うのか?
緩いアップダウンを過ぎると「前社ヶ森」到着は9:45。

a0013751_1282729.jpg
暫く休憩し歩き出すと、目の前には「試しの鎖」が見える。
この鎖をクリアできなければ、これから現れる鎖場は無理。
それで「試しの鎖」の名が… とりあえずチャレンジです。
ほぼ垂直の岩場にかけられた大きな鎖。長さ74mらしい。
鎖自体が大きく、輪っかに足を入れてスタンスにできるが、
ホールドが無い部分もあり、腕力でグイグイと引き上げる。
高度感があり面白い。若人のグループが嬌声を上げている。

a0013751_1285865.jpg
10分ほどでピークに立てるが、下りも同じような鎖場だ。
こちらは角度は緩いが、足元が見にくいため時間がかかる。
若人のグループは難儀しているもよう。声も聞こえない…
実は、鎖場には迂回路が付けられており心配は無いのです。
基部にある小屋で休憩10:20に出発。次の鎖を目指す。

a0013751_121935.jpg
夜明峠を過ぎ20分ほどで「一ノ鎖」ここは短く33m。
ここは難なくクリアだね。すると「ニノ鎖小屋」に到着。
小屋の上が「ニノ鎖」65m。「試しの」より傾斜がある。
しかし、10分ほどで突破。今度は「三ノ鎖」68mだ。
ここは取り付きが急でルンゼ状になっており手強そう…
だが、身体が慣れて来たせいか難なくクリア。楽しいね~

a0013751_1214392.jpg
「三ノ鎖」を登りきると社がある「弥山」12:10着。
ここが一応山頂だ。ただ、ガスがかかり全く展望はナシ。
目の前に尖った「天狗」が時折姿を見せるのが救いかな。
ゆっくり昼食を摂り記念写真を撮り、13:20下山開始。
下りは迂回路を辿り「ニノ鎖小屋」まで約15分で下る。
ここから往路を外れ、右に道をとり「土小屋」まで歩く。

a0013751_122112.jpg
道は平坦になり、景色も見えないためスピードを上げる。
「土小屋」14:40着。ここから車道沿いの道を歩くが、
利用者がないようで荒れて歩きにくい。途中で車道にでる。
霧の中のよさこい峠に15:40着。伊吹山はパスし、
そのまま歩きしらさ峠へ。「山荘しらさ」16:50着。
やや古びてはいるが、山小屋としては立派な施設ですな。
入浴とビールの後夕食。あまごの塩焼きと山菜の天ぷら。
質素だが腹ペコにはご馳走。さらに酒とビールをたんまり。

a0013751_1225332.jpg
夜は、鎖場から足を滑らせヒキツル夢を見ながら爆睡。
[PR]

by hiroshige.m | 2005-09-18 01:14 | 山登り  

<< このような場所に 利尻はまだ先かな >>