爽やかな風に吹かれ

【山日記 37】 2005/10/10 金 山
a0013751_0284759.jpg

◆ 自宅10:30 ⇒ 11:45三瀬峠12:00 → 城ノ山12:40 →
   13:30金山(昼食)14:00 → 15:15三瀬峠15:30 ⇒
  15:45千石の郷16:30 ⇒ びっくりラーメン ⇒ 18:30自宅

せっかくの三連休だが、遠出の計画はなし…
トイレにぶら下げた「ヤマケイ」のカレンダーを見て、
北アの涸沢はしっかり紅葉しているんだろうなぁ~
なんて考えていたら、急に山に行きたくなった。



a0013751_0434664.jpg今から行けるところは?と慌てて地図を開いて見る。
場所は? ヤッパ、近頃マイブームの背振山系だな。
山は? 最近ご無沙汰の「金山・かなやま」としよう。
アプローチも車で三瀬峠まで行けばすぐだしね。
ということで、車にザックと荷物を放り込み出発。




a0013751_0331332.jpg一時間ほどで三瀬峠に着くが、駐車スペースは満杯。
仕方なく脇道の路肩に車を置き、すぐに出発する。
一瞬、先日泣く泣く下山した「雷山」に行こうかと
考えたが、往復すると6時間はかかり日が暮れる…
今日は準備不足だし、そちらはまたの機会としよう。

車道を離れると静かな山道。歩く人は多いのだろう、
よく踏まれ歩きやすい。爽風が潅木帯を吹きぬける。
同じ山域なのに、藪コギだらけの「羽金山」に比べ、
舗装道路を歩いているような気分になる。


a0013751_0334484.jpg気分よく歩いていると846mと表示された小ピークに
達する。そこから暫く歩くと展望の開けた岩場に出る。
このコースで唯一「金山」を眺めることができる場所。
ここから見る「金山」は、ピラミダルな山体が美しい。

一度「アゴ坂峠」まで下り、緩やかな登りをつめると、
水の流れる平坦な場所に出る。低い木がまばらにあり、
キャンプもできそう。山頂近くにこんな良いサイトが!
利用価値はかなりありそうだな…

a0013751_0343641.jpgここから急坂を15分間あえぎつつ登ると稜線に出る。
右は「背振山」へ通じる縦走路。次はこの道を歩こう。
左に行くとすぐに「金山」の山頂。3分ほどで達する。
山頂は10人ほどのグループが占拠中。端に座り昼食。
木が多く展望は無いので「赤いきつね」を淡々と啜る…

30分程して往路を戻る。途中、井原山が少し見える。
道端に落ちている赤い木の実は「ヤマボウシ」かな?
食べられるそうだが美味いのだろうか?キノコも多い。
キョロキョロしながら取り付き地点まで戻る。

車に戻ると…鍵が掛かっていない!締め忘れのようだ?
悪戯されてなくてヨカッタ~最近は物忘れがひどいな。

a0013751_0385538.jpg汗を流すため「千石の郷」へ向う。駐車場はイッパイ。
芋の子洗いかも?と浴場に入るが、意外と空いている。
展望の良い風呂は気持ちいい。ユックリ手足を伸ばす。
この際、多少の塩素臭は我慢しよう。入浴料600円。

ここは、辛子明太の「福太郎」が運営を任されていて、
レストランのバイキングは人気で、いつも満員だとか。
お土産コーナーは明太子をはじめとした海産物が多い。
職場の忘年会に使うのもいいかな?

a0013751_0372349.jpg
紅葉する直前の山… 華やかさには欠けるが、
爽やかな風に吹かれ、今回も心地よい山歩きができた。
結局、山は何時行ってもよいものですね。
[PR]

by hiroshige.m | 2005-10-10 00:25 | 山登り  

<< びっくりラーメン コクもありビックリ >>