ラクダの背

【山日記 2】 2004/02/27(金) 大山
a0013751_172837.jpg

今年の雪山は「大山」。昨年は雨のため六合目で撤退。
リベンジを誓っていたが、今年も6名の参加予定が2名に。先行き不安…

仕事が終わって買出し。その後20時半に家を出る。
「一華亭」に行ってみるが、残念なことにすでに閉店。
22時出発。途中ドライブイン「みちしお」へ。
しかし、体調不良のため名物「貝汁」は食べられず。

翌7時半に大山寺に到着。今年も雪は多いようだ。
途中の警察に届けを出し、夏道をたどる。天気が好いため沢山の人が登っている。
五合目にてアイゼンを装着。快調に高度をかせぐ。
程なく六合目小屋。ほとんど雪に埋もれているが、しばし休憩。
a0013751_124663.jpg

最後の登り1時間で山頂小屋。真っ暗な小屋の中で昼食をとる。
その後、小屋からすぐの「弥山」山頂へ。縦走路に何人かの人影が見える。
風は出てきたが、天気の崩れはなさそうだ。
行けるところまで行ってみよう!

ラクダの背まで来たところで、ルート工作に手間取っているグループに阻まれる。
おまけに風が強まり雪煙があがり出した。これでは時間が足りない。
やむなく来たルートを戻る。
ところが気温が上がっていため雪が緩み、足元の雪が不安定に。
ピッケルを刺しても手応えが無い… 慎重にナイフリッジを渡る。

なんとか小屋まで戻り、すぐに下山を開始する。
六合目小屋の上部から「元谷」に向かってシリセードの跡が見える。
かなりの傾斜だが飛び込む。アッと言う間に元谷小屋へ到着。
無事下山できたことを大神山神社に感謝し、旅館まで帰る。
a0013751_133155.jpg

翌日は雨のため登山はさっさと諦め、「大山寺観光」で時間調整をする。
15時大山寺出発、23時半帰宅。

大山の山頂に立てたことは嬉しいが、反省点も多数。
雪山をなめてはいけません。
しかし、来年も行くぞ~!
[PR]

by hiroshige.m | 2004-05-06 23:13 | 山登り  

<< 腹いっぱい 葱が絶品! >>