たいへんなボリューム

【麺日記 374】 2005/11/11(金) 井手ちゃんぽん
a0013751_0103435.jpg

今日は久々の組合会議。今回は武雄温泉での開催だ。
高速で「武雄北方IC」まで行き、近くで昼食となれば…
2月に黒髪山の帰りに寄った「井手ちゃんぽん」だな。
時間は3時に近いが、ほぼ満員の店内は相変らずの人気。



a0013751_0101763.jpg
普通のチャンポンとも思ったが「特製」をチョイス。
目の前で次々と仕上げられていく様子を見ながらしばし。
コンモリとのせられた大量の野菜と黒々としたキクラゲ。
真ん中に生タマゴがチョコンとトッピングされている。

しかし、たいへんなボリュームだなぁ
気合を入れて食べ始めるが、相当食べても麺が見えない。
野菜の山を半分ぐらい崩して、やっと麺が見えてきた。
意外と細い麺。色も白くカンスイは少なめか?
野菜の量に比べ、麺の存在感は薄いがスルリとイケル。

キクラゲのコリコリ・シャキシャキとした歯応えと、
ややアッサリした感じのスープがよく馴染む。
途中で「食べきれるか?」とかなり不安になるが、
麺好きとしては、ここで残すことは許されないのだ!
必死で啜りまくること10分… ようやく完食。
a0013751_0105227.jpg

前回に比べ、スープの味はライトになっていたが、
野菜の旨味タップリチャンポンはサスガですな。
次回は野菜大盛りにチャレンジです。
12月に唐津支店(場所不明)がオープンとの情報あり。

場所:佐賀県杵島郡北方町志久1928   特製チャンポン800円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-11-11 00:05 | その他の麺  

<< 海老を包むキメの細かなコロモ 山椒の香りが心地よい >>