海老を包むキメの細かなコロモ

【麺日記 375】 2005/11/12(土) かま蔵うどん
a0013751_21113652.jpg

組合の会議は3時半に終了。
前日の懇親会の時にE田さんに教えてもらった店。
「井手ちゃんぽん」そばの「かま蔵うどん」へ。



a0013751_21111186.jpg
午後4時という中途半端な時間に訪問。
ウリはどうも「カレーごぼう天うどん」らしいが、
E田さんオススメは「海老天うどん」だ!当然これを注文。

海老天のコロモは、どうやって付けたのだろうか?
キメの細かなコロモがフワフワと海老を取り巻いている。
そのコロモが数秒でスメに溶けると、まるで因幡うどん状態。

麺はコシの抜けたテロテロ。時間が時間だもんな~
能書きには「1時間15分も茹でる」と書かれており、
強力なコシを期待していたのだが… チト期待はずれ。
でも、スメはマアいけるしテロテロもスキだからOKよん。
a0013751_21113539.jpg
太くてコシの無い「博多うどん」タイプでした。
ここはヤッパ「カレーごぼう天うどん」だったかな?

場所:佐賀県杵島郡北方町高野2040-2   海老天うどん560円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-11-12 21:04 | うどん  

<< ヤワうどんに慣れた口には少々手強い たいへんなボリューム >>