ヤワうどんに慣れた口には少々手強い

【麺日記 376】 2005/11/13(日) 稲 穂
a0013751_075434.jpg

本日は午後より出勤…(涙) その前に腹ごしらえだ~
そこで「西鉄ニュース」で紹介されていた「稲穂」へ。
以前も近くまで行ったが見つけることができなかった店。
表通りからは見えにくい場所にあるが「ノボリ」が目印。





a0013751_08198.jpg
献立表にはイロイロとうどんの説明が書かれている。
初のれん様用として「あつかけ+ひやかけ+天ぷら」を
組合わせた「稲穂セットがおトク」とある。これだな!

まずは「あつかけ」。要するにかけうどんのこと。
デフォルトのトッピングはネギだけだが、
セットのごぼう天と竹輪いそべを放り込みススル。
麺の強いコシに思わず「いいねぇ」とつぶやく。
9種類の海の幸からとったスメは軽めだが華やかな印象。
a0013751_084026.jpg

「ひやかけ」は冷たい麺にひやしたスメかけたもの。
「あつかけ」に比べると、冷たい分さらに強まるコシ。
こりゃ博多風ヤワうどんに慣れた口には少々手強いぞ… 
モグモグと噛み砕くが、なかなか飲み込めない程だ。
しかし、冷たいスメだがしっかりとした旨味を感じる。

「あつかけ」も「ひやかけ」も丼が小さめだったので、
スルッと啜り上げたが、冷たい麺の大は食べきれるだろうか。
しかし、本場の讃岐はこんな感じかな?と思える逸品でした。

場所:早良区野芥3-24-3  稲穂セット 860円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-11-13 00:04 | うどん  

<< 秋の天ぷらとうどん 海老を包むキメの細かなコロモ >>