カプサイシンが効いていた

【麺日記 385】 2005/11/28(月) 中華菜館 五 福
a0013751_23192128.jpg

久しぶりに「五福」へ。
今日は「担々麺」にチャレンジ。

鮮やかな赤が印象的なラー油+芝麻醤ペースト。
その上には、豚の挽肉と濃い緑の青菜がトッピング。
スープを一口啜る、クリーミイな芝麻醤の風味が良い。
思ったよりも辛くなく、柔らかい甘さが感じられる。

食べ進むうちに芝麻醤ペーストと鶏スープとが、
徐々に交じり合い、味に心地よい変化をもたらす。
その変化を楽しんでいると体中から汗が噴出してきた。
「辛くない」と思っていたが、体の奥が熱くなっている。
結構カプサイシンが効いていた?新陳代謝が高まるゼイ。

しかし、「五福」は何を食べてもOKですな。
領収書には「ごま味噌辛子そば」と書かれている?

場所:西区福重3-35-5    担々麺787円
[PR]

by hiroshige.m | 2005-11-28 23:12 | その他の麺  

<< 黒く塗りつぶされた看板 余韻が残るラーメン >>