ホッとさせる雰囲気も味のひとつ

【麺日記 413】 2006/ 1/17(火) うどん平
a0013751_23151535.jpg

本日午後は博多駅前で会議。腹ごしらえは何処?
久しぶりに「うどん平」に行ってみるか。

2時を過ぎた頃入店。さすがに客は少ない。
おば様方が、まかないのうどんを食べている…
なんだかユックリした空気が漂っていて心地よい。
久しぶりなので「肉ごぼううどん」の大を注文する。

麺は茹で置きだったのだろうか、意外と早く供された。
コシはやや弱いが、噛むと小麦粉の香りが感じられる。
タップリの肉と、カリカリのごぼう天がベストマッチ。
さらに備え付けの「柚子胡椒」を合わせると、
大盛りの単調さが消え、新たなフレーバーで楽しめる。

何時来ても美味しいって事は、ナカナカ難しいが、
ホッとさせる雰囲気も味のひとつですね。

場所:博多区博多駅前3-17-10   肉ごぼううどん(大)630円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-01-17 23:10 | うどん  

<< なべさんって誰 プリッとした歯応えが秀逸 >>