ホロホロと崩れるコロッケ

【麺日記 423】 2006/ 1/31(火) 牧のうどん マリナタウン店
a0013751_0442767.jpg

九州ウォーカーに掲載されていた「正直亭」
訪問するも定休日… それでは「牧の」のコロッケだ!



以前から気になっていた「コロッケうどん」に初挑戦。
Hakatayokaさんによると関東ではポピュラーらしい。
こちらではあんまり見ないが、ナゼか「牧の」にはある。
注文を伝えると、おもむろに油でコロッケが温められる。
熱々になったコロッケとワカメ。なかなか色取りは良い。

コロッケがかなりスープを吸いそうなのでヤカンで貰う。
写真を撮っている間にもコロッケが徐々に分解し始めた。
スープを追加しつつコロッケをはしでつまみあげるが、
ソレはホロホロと崩れ落ちる。啜るようにユックリ食す。

ジャガイモが溶け込んだスープは白く濁ってしまったが、
意外とまろやかな味わいに変化。スープとの相性は良い。
キツネ色の部分だけが辛うじて歯応えを残しているが、
ソレもごくわずかだ。膨張を続ける麺との対比が面白い。

最後に再度スープを追加し、一気に啜り上げて完食。
あまり経験したことのない食感が面白い一品でした。

※通常はうどんの場合「スメ」と書いていますが、
今回はヤカンに「スープ」とありますので、
そのように表記しました…
でも、なぜ「牧の」は「スープ」なのでしょうね?

場所:西区豊浜3-1-10マリナタウンフードコート  コロッケうどん390円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-01-31 00:42 | うどん  

<< 素性の良さが感じられる 創業55周年の集大成 >>