筑後うどんの未来は?

【麺日記 465】 2006/ 4/15(土) 筑後うどん祭
a0013751_22141089.jpg

チャンポン仮面さんの情報によると、14~15日の二日間にわたり、
久留米市において「筑後うどん祭」が開催されるとのこと。



「筑後うどん」のブランド化を目指し、筑後地区のうどん店が結集し、
自慢の「丸天・ごぼう天うどん」を300円でサービスするらしい。
コイツは行かなくては!と車を走らせるが… とにかくスゴイ大雨!
a0013751_22161855.jpg

会場の「六角堂広場」はかなりの人出だが、雨を避ける場所が少ない。
うどん代300円を支払い福引をしたあと、丼を持って座る場所を探す。
雨に打たれない建物の端にスペースを見つけ何とか着席。
ごぼう天は短冊状で歯応えは良い。丸天は小振りだがプニプニ~
肝心の麺はやや細めに切られており、意外と強い歯応えがある。
ホタホタした歯応えを想像していたが、これはこれでアリかな。
残念なのはスメの香り。ほとんどトンでしまっている…

その頃「よさこい踊り」も終わり、バナナのたたき売りが始まった。
ポン菓子の「ドカン!」という音にビックリしながらズルズル~

お祭だから完成度を期待するのは間違いかもね。
うどんをテーマにしたイベントを楽しまなくちゃ?
今回で2回目だそうですが、今後の展開を期待します。

揚げたてごぼう天・丸天入りうどん300円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-04-15 22:10 | うどん  

<< とんこつのエキスと鶏ガラの旨味 3つの薬効 >>