とんこつのエキスと鶏ガラの旨味

【麺日記 466】 2006/ 4/15(土) 潘陽軒本店
a0013751_0182844.jpg

「筑後うどん祭」の会場を後にするが、なんとなく物足らない。
そこで、以前から気になっていたラーメン店「潘陽軒本店」へ寄る。



創業昭和23年と染められた暖簾が下がる店先にはバンコが置かれ、
周りのひなびた街の雰囲気と合わさり、思わずタイムスリップ…
店内には「筑後うどん祭」の会場から来たと思われる、
うどん職人の姿がチラホラ… うどん屋も行きたくなる店なのだ。
a0013751_0185848.jpg

店の雰囲気に合わないプラスチック製の椅子に座りラーメンを注文。
出されたブツは、コッテリした久留米ラーメンのイメージと異なり、
スープはとんこつと鶏ガラのWスープに、色白モッチリ麺の組合せ。
とんこつのエキスと鶏ガラの旨味が適度にブレンドされ、
サッパリしているのにコクがあるスープに仕上がっている。

昔から知っている人に言わせるとパンチが無くなったとのことだが、
じんわりとした風味と舌に残る柔らかな酸味が絶妙な味わいですな。

場所:久留米市六ツ門町7-59  ラーメン500円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-04-15 22:16 | ラーメン  

<< 老廃物を吐き出す作業 筑後うどんの未来は? >>