どろりとした骨粉?

【麺日記54】 2004/05/07(金) 秀ちゃんラーメン
a0013751_0281417.jpg

久しぶりに「秀ちゃん」へ。 
以前夜遅くに寄ったときは、あまりの濃厚さに閉口した記憶がある。
その時は、どろりとした骨粉?がドンブリの底にたまっていた。
体調も良いので気合を入れ12時過ぎに入店。あっさり着席。

表面の油は多めだが、思ったよりあっさりとした食感…
ススリ込んだ極細麺も適度な歯ごたえ。以前はこんな感じだっけ?
きっと昼と夜ではスープの濃度に違いがあるのだろう。
思わず「替玉」を注文!十分満足できました。

ただ、「タレントのサイン」何とかなりませんかね~

最近のラーメンの価格はどうにかならないのだろうか?
一杯600円を超えるラーメンが当たり前のようになっている。
地代・人件費・仕入れ等いろいろな要素があるとは思うが、
店舗の過剰な装飾や豪華な具材の使用などを行っている「特定の店」が、
ふくおか全域的に価格(コスト)を引き上げているのではないのか?
個人的には気軽に食べられる限界は500円(ワンコイン)である。
長浜など、安いところが集まっている場所もまだあるが、
500円以下のところは、少なくなりつつあるようだ。
昔のように、シンプルだけど風味豊かでおまけに安いラーメンが喰いたい!
豪華なラーメンは別にキライではないが、たまに行ければ結構。
世の中デフレですが、ラーメンの価格だけはインフレですな。

場所:警固交差点そば ラーメン650円 替玉150円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-06-01 23:25 | ラーメン  

<< 替玉がタダ! おおきに~ >>