柔らかうどん

【麺日記 520】 2006/ 9/ 7(木) 恵味うどん
a0013751_2139131.jpg

記事は古いが、久々の更新です… 

本日は春日市へ会議出張。
会議は午前中には終了。さて、昼飯はどこで済まそうか?
あれこれ考えながら車を走らせていると「恵味うどん」の看板。
そう言えば、まだこのうどん屋には入ったことがなかったな~
麺好きの間では評判だけど、なぜか未調査だったお店。

近くのパーキングに車を入れ店内へ。
入口近くのカウンターに陣取り、すばやく店内をチェック。
間口は狭いが結構な奥行き。まるで古い町屋の風情である。
4人掛けのテーブルが3。奥のほうには小上がりも見える。
目の前には湯釜が据えられ、次々と麺が投入されている。
a0013751_2140189.jpg

献立表を見ると「ぶっかけ」や「おろし」など冷系もあるが、
初のれんはヤッパ「ごぼう天うどん」でしょうな。

きれいな井桁状に組まれたごぼう天が印象的。
さらに上品なカツオ節の香りが鼻をくすぐる。
透明感のある薄い麺は、まるで細めのキシメン状。
「なか」や「川端うどん」に通じるモノが感じられる。

タイミングのせいか柔らかくヘナヘナとした食感であるが、
その柔らかい歯応えの麺とスメの組合せがナカナカの味わい。
福岡もさぬき系の「歯応え重視うどん」が多くなってきたが、
このようなお店が頑張っているのを見ると嬉しくなるな~

柔らかうどんで、ほっこり幸せ気分の午後でした。

場所:中央区薬院3-7-15  ごぼう天500円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-09-07 21:36 | うどん  

<< 太目が好き~! 原油価格の高騰が原因 >>