七重の滝ふたたび

【山日記 55】 2006/10/29(日) 福智山

◆ 自宅⇒福岡IC⇒7:45古賀SA(集合)8:15⇒小倉南IC8:35⇒9:00鱒渕ダム9:20→登山口10:30→七重の滝→豊前越え11:30→12:40荒宿荘12:50→13:10山頂(昼食)14:10→九州自然歩道→登山口15:30→17:00鱒渕ダム17:15⇒18:00河内あじさい荘(入浴)19:00⇒馬場山IC19:30⇒20:00古賀SA(解散)20:15⇒古賀IC⇒21:00自宅


                   ◆◆


先日単独で行ったコースを、今回はいつもの山仲間と歩く。
できたら隣の「尺岳」まで足を延ばしたかったが、
Y隊長の「4時間以上は歩けん」の一言で福智山のみとなる。


                    ◆


古賀SAで集合し、朝食に「那の福」で醤油ラーメンを啜る。
作り方のせいか?塩気も強く香りも無い… 全く期待はずれ。
サービスエリアだから手抜き?新天町店はいいんだけどな~


                    ◆


「鱒渕ダム」に到着すると、マラソン大会が開催されていた。
付近はものすごい車の量。駐車する場所を求めダムの上流へ。
かなり奥まった場所に何とかスペースを確保し歩き始める。


ダムサイトのうねった道を1時間ほど歩きようやく登山口へ。
「七重の滝」を右手に見ながらクサリを頼りに急坂を登る。
「一の滝」から始まる滝はいったいいくつあるのだろうか?


飛沫をあげ流れ落ちる姿を眺めながら幾度か水流を渡る。
そのうち何番目の滝だったか?曖昧になる頃巻き道と出合う。

道は緩やかになり、小川を右手に見ながらゆっくりと歩く。
木々の間からこぼれる日差しに照らされ、明るい川底が輝く。
七重の滝上部から山瀬・豊前別れまでの歩道が実に美しい。

分岐より左手に道を辿り、最後の急坂を登りきると豊前越え。
ベンチで少々休憩し、アップダウンの多い尾根道を登る。
1時間ほどで「烏落」さらに10分で「荒宿荘」に到着する。


                    ◆


現在「荒宿荘」では、バイオトイレの設置が準備されている。
出来上がると快適でしょうなぁ 近くの「たぬき水」を汲む。
好天が続いているせいか水流は少ないが、冷たくて美味しい。


                    ◆


小屋から15分で山頂到着。相変わらずの人出~人気ですね。
場所を確保し昼食休憩。侘しくカップ麺を啜っていると、
N山氏が自分だけプリンを食べている… 人数分用意しろよ~ 

360度の展望を堪能した後「九州自然歩道」を辿り下山。
展望の無い鬱蒼とした植林帯を下ること1時間半で登山口へ。
マラソン大会も終了し、ダムサイトはガラガラになっている。
車道をひたすら歩くこと30分。ようやく車にたどり着く。


                    ◆


Y隊長の入浴をしたいとの要望で河内温泉「あじさいの湯」へ。
入り組んだ道をクネクネと30分走り、日が暮れた頃に到着。
施設は新しく風呂自体も洗い場も広い。なかなか快適でした。


                  ◆◆◆


福智山山頂から北側に見えた「足立山」が次回の目的地と決定。
麓にはU田氏の自宅もあるし、土産の酒を持ってお邪魔します。
[PR]

by hiroshige.m | 2006-10-29 23:34 | 山登り  

<< 紅葉とめざしと温泉と 文章だけで勝負? >>