スメはかなりストロング

【麺日記 534】 2006/11/14(火) さぬきうどん 平山
a0013751_235537100.jpg

本日は1人で前原に出張。昼は「さぬきうどん平山」へ。
実は上司を最初に案内したのがこの店。しかし、その日は
あいにくの定休日。そこで「牧の本店」に変更したのだった。

以前訪問した時に美味い麺を食わせる店だと思っていたが、
その時はカメラなしだったので、ぜひとも再訪を願っていた店。
香川の有名店で修行し、本場の讃岐うどんを打つ寡黙なご主人。
なめらかでいて強いコシを感じる麺は福岡には無いタイプ。
a0013751_23565193.jpg

今回チョイスした麺は「釜玉うどん」と「ひやあつ」の2種。
「釜玉」はアツアツの麺に生卵を載せ、上から醤油を垂らす。
それをグニグニとかき混ぜ、麺の余熱で半熟状態になった麺を
ズビズビ~とすすりあげる… うどんカルボナーラは一級品。
a0013751_2357419.jpg

続いて、水で締めた麺に熱いダシをかけた「ひやあつ」登場。
冷水で引き締められた麺は、釜玉に比べグッとコシが強まり、
歯応えが一変する。噛み込むと押し返すような弾力が感じられ、
それでいて硬さは無い。咀嚼する際には柔らかな引きがある。
a0013751_23573126.jpg

イリコの利いたスメはかなりストロング。
口の中に広がる香りは強く、慣れない人はキツイかもしれない。
しかし、絶妙のバランスでエグ味等はまったく感じられない。
適度なコシの麺とパンチのあるスメのコラボレートは実に秀逸。
a0013751_23574958.jpg

前原市役所のそばとはいえ、福岡市内よりかなり離れているし、
西へ50mほど行くと、強敵「うどん屋ウエスト」がある。
おまけに駐車場も狭いし、愛想もない、時間もかかる… 
まったく逆風だらけだが一度喰うべし! その価値はあり。

場所:前原市前原西4-2-15   釜玉うどん350円 ひやあつうどん350円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-11-14 23:53 | うどん  

<< 担々麺は複雑な味わい 表面のアクはうまさの証し? >>