担々麺の替玉

【麺日記 542】 2006/12/ 6(水) ちー坊のタンタン麺
a0013751_23441516.jpg

本日の昼は博多駅近くで会議。いつものように腹ごしらえ。
久しぶりに「うどん平」に向うが、案の定長い行列。
ノンビリ待つ気になれず、近くの「ちー坊のタンタン麺」へ。

ここは以前「しばらく」があった場所。職場が近かった時は、
毎週のように通っていた店だ。「しばらく」が大阪に移転し、
後に担々麺の店が入ったのは知っていたが、今回が初訪問。
a0013751_23444219.jpg

店の雰囲気やレイアウトは以前とさほど変わりは無い。
基本と思われる店名と同じ「ちー坊のタンタン麺」を注文。
丁寧に作られる様子を見ていると多少待っても気ならない。

鮮やかな赤の芝麻醤と白いネギのコントラストが印象的。
芝麻醤の下には鶏ベースのスープ。わりとスッキリとした味。
麺は細めだがモチモチとした歯応えが、ネギとよくマッチ。
a0013751_23451248.jpg

こりゃいい~と啜り上げていると「替玉」の文字が目に入る。
ほほう担々麺の替玉があるのかぁ 珍しいので食べてみた。
ややスープが薄くなってしまうが、麺が良いので○でした。

先日食べた「潤」とは方向性の違う「担々麺」が味わえた。
ただ、もう少し挽肉が入っていたら良かったのにな~

この日会議終了後に同僚と博多駅前で久しぶりの飲み会。
その時は楽しかったのだが… 飲みすぎ喋りすぎには注意だな。

場所:博多区住吉2-16-8 ちー坊のタンタン麺680円+替玉180円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-12-06 23:41 | その他の麺  

<< 手巻き寿司が付いたセット 大好きなネギが? >>