頭上は抜けるような青空なのに

【山日記 58】 2006/12/23(土) 井原山~雷山
a0013751_0485821.jpg

◆ 自宅6:30⇒曲淵ダム7:45⇒古場岳8:30→9:30井原山9:40→11:00雷山(昼食)12:45→13:30古場岳13:45⇒ななのゆ(入浴)15:00⇒曲淵ダム15:45⇒17:00自宅

最近、急に山に目覚めた職場のS原クンを誘い「井原山」へ。
K島氏の車に乗せてもらい曲淵ダムでT松・K下氏の2名と合流。
今回は5名で登山口の古場岳より前回と同じ周遊コースを辿ることにする。
a0013751_0502396.jpg

雲ひとつない空はキリリと晴れ渡り、普段は出ない登高意欲が湧き上がる。
空き家が目立つ別荘地を抜け、樹林帯をひと登りすると鉄塔の下に出る。
小休止したあと鉄塔の横を回り込むように付けられている道を登る。

天候は良いが放射冷却のせいで気温は低く、笹の葉に付いた霜が印象的。
登山道の霜柱をザクザクと踏みしめると、程なく井原山の山頂に達する。
展望を期待していたが、ナゼか水平方向は靄がかかって街も山も見えず。
頭上は抜けるような青空なのに… 人も少なく閑散とした山頂。
a0013751_0504535.jpg

記念写真を撮ろうと山頂の表示を探すが、いつもの場所に見当たらない。
辺りを探すと岩陰に根本からポッキリと折れた表示板が置いてある。
最近、大荒れの日が多くなっているので強風で飛ばされたのだろう。
岩の上に移動させ記念写真を撮る。次回は新しくなっているでしょうか?
a0013751_05124.jpg

雷山方面への道を辿る。日陰に雪が残っているのは先週の寒波の名残だ。
この道は歩きやすい。落葉した木々と残雪と青空のコントラストが印象的。
おそらく付近の縦走路では、四季を通じて一番雰囲気の良い部分であろう。

途中の944mピークで小休止。ここで各自秘蔵の行動食を食べるのだが、
それぞれにこだわりがありK島氏は「黒棒」K下氏は「板チョコ」など、
毎回だいたい同じもの持参しているようだ。皆さんのご相伴にあずかる。
a0013751_0513321.jpg

笹の上に点々と残った雪を眺めながら緩やかな坂を上り詰めると「雷山」
広い山頂には井原山とは違い先客が数グループ。ここで早めの昼食をとる。
本日は「おでん」を持参。ビール無しがタマにキズだが車なのでヤムナシ。
具を食べた後のスープにラーメンを投入し完食したが、かなり食べ過ぎか。
a0013751_0515443.jpg

縦走路を少し戻り古場岳方面へ。下り始めるとすぐに暗い植林帯へ入る。
自然林が残されているのは稜線沿いだけで、それ以外は植林ばかりである。
ぶら下げられたカンカンやペットボトルなど、妙な目印を横目に見ながら
下ること45分で車を置いた場所へ戻る。所要時間5時間の行動だった。

帰りに近くの「ななのゆ」で汗を流す。お湯はヌルヌル系でキモチよし~
だいたい1時間位は入っていたかな? サッパリして17時には帰宅。
S原クンまた行こうね。
[PR]

by hiroshige.m | 2006-12-23 00:46 | 山登り  

<< あけましておめでとうございます。 実に普通のうどん >>