命がけのタイヤ交換

【山日記 62】 2007/2/23(土)~25(日) 大山 Part1
a0013751_063917.jpg

2/23(金)
◆ 自宅23:00⇒古賀IC23:15⇒中国自動車道⇒溝口IC7:00⇒8:00ガソリンスタンド

今年は雪が少なく申し込んでいたスキーツアーが催行されず、実現が危ぶまれた大山登山だったが、Y隊長の「車で行くぞ!」との決断で出発することになった。

出発当日のイベントで大型液晶テレビが当たったN山隊員のせいで、1時間も出発が遅れてしまった。そこで、その遅れを挽回しようとI籐隊員が高速道路を激走するが、車体からいきなり「バボバボ~」と異音が~ こりゃパンクだぁ! それも右前輪だよ…

a0013751_094588.jpg

深夜の中国自動車道でタイヤ交換を余儀なくされる。ただでさえ狭い中国自動車道。路肩で作業をしていてもトラックが背中をかすめるように通り過ぎていく。まさに命がけの作業と相成った。空気圧が低かったのかそれとも運転が下手クソだったのか?
以降はエマージェンシータイヤでノロノロと大山まで向かう。

a0013751_095828.jpg

溝口ICで降りとりあえず旅館まで向かうが、昨日からの冷え込みで鉢巻道路が凍結しており、大山寺の手前まで行って引き返す。仕方なくガソリンスタンドに寄り燃料補給とタイヤの交換を依頼。ところが同じサイズのタイヤが置いて無く、販売店に連絡をすると9時頃しか届かないとのこと。それから準備して登山口に行ってもかなり遅くなる。

a0013751_014992.jpg

おまけに山は吹雪いていて、下から見ても雪煙があがっている様子が見える… ならばサッサと諦めて「付近の観光でもするか」と相成る。
[PR]

by hiroshige.m | 2007-05-05 23:36 | 山登り  

<< コインが突き刺さる大しめ縄 小雪降る古処の山 >>