アイルトン・セナと中華料理の関係

【麺日記89】2004/07/21(水) SENNA
a0013751_2129497.jpg

職場のC屋嬢と久々のランチ。
何処にしようかと迷うが、中華の「SENNA」へ。
アイルトン・セナと中華料理の関係はよくわかりませんが、
ここのランチは評判が良く、店の雰囲気もオシャレで女性に人気。

ランチメニューは、2種類のメインから1つを選ぶセットと、
麺を中心としたセットがある。当然「麺セット」を注文。
今日は「冷やし坦々麺・大根餅・ミニサラダ」。

「冷やし坦々麺」は極細の麺に、しっかり味付けされた挽肉や
タマネギ・カイワレ・ネギなどの野菜がサラダのようにトッピングされ、
そこに香りの良いゴマベースのたれがかけられている。
春巻きの皮?を揚げたヤツがパリパリと歯ごたえが良い。
思ったほど辛くもなく、食べやすいヘルシーなイメージ。

「大根餅」は、見た目は油っぽい感じだったが、
プリッとトロッの中間のような食感が面白い。
中の具(不明)も、ちゃんと味が付けられていて結構いける。

C屋嬢が食べた「ゆで餃子」も「春雨スープ?」も美味そうでした。

場所:大名1丁目 冷やし坦々麺セット850円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-07-24 21:34 | その他の麺  

<< オリジナルぶっかけうどん ざる蕎麦が喰いたい… >>