すでに死んでいました

【麺日記92】2004/07/23(金)   人力屋
a0013751_23384131.jpg

今日は二日市温泉「大丸別荘」にて会議。
向かう途中で昼食をとることにするが、時間がないため道沿いの「人力屋」へ。
以前、この近くの職場で勤務していたとき「安くて美味い」のでよく通った店。
相変わらず暑いので「ざるうどん定食」を注文。
内容は「ざるうどん・かしわのおにぎり・キャベツのサラダ」これで545円。
この店にしては、あんまり安くはない。
「やっぱ、冷たい麺は手間がかかるので仕方ないか」など考えながら待つ。

しかし、出された「ざるうどんは」… すでに死んでいました。

すでに、茹でて相当時間がたっている。
素性の良い麺なのだが、さすがにこれでいかんですバイ。

「大丸別荘」は古いけど充分に手入れされ、サービスも行き届いており好感触。
大浴場「吹田の湯」は湯船に石が敷き詰められ、足ツボ刺激の効果が期待できる。
透明度の高いお湯も柔らかく、たいへん気持ち良く浸かる事ができた。
近すぎて、今後泊まることはまず考えられないので、良い経験になりました。
[PR]

by hiroshige.m | 2004-07-26 22:49 | うどん  

<< 麺匠戸田久の「北緯40度もりお... 食べても食べても無くならない >>