ゆずの皮が一切れ

【麺日記116】 2004/08/27(金) うどん杵むら
a0013751_2394658.jpg

アテネオリンピックもいよいよ大詰め。
楽しみなのは「新体操」と「男子1600メートルリレー」
バトン落とすなよ~

今月は初めての店が結構多いな。
今回は上人橋通りにある「うどん杵むら」に初チャレンジ。
店構えはうどん屋と言うよりも、コジャレたそば屋という風情。
カウンターに座りメニューを見る。うぅ~高いぞ…
「かけうどん」でも450円。
しかし、わざわざ来たのだ「ごぼう天うどん」を注文。

スメの色はやや濃い。ただ、妙な甘さは感じられずサッパリ系。
印象的なのは、ゆずの皮が一切れ入れてあること。
この香りがとても良く食が進む。
透明感のある麺は、かなり細く稲庭うどんクラスの軽量級。
「色白太め」の博多うどんとはかなり印象は異なる。
しかし、充分なコシが感じられ「これも高得点だ~」
ざく切りのごぼう天も歯ごたえ良く、麺とシンクロ!

冬季限定の「ごまみそうどん」は食べてみたい。

場所:上人橋通り ごぼう天うどん500円

a0013751_23173267.jpg


台風が近づいてきた

だいじょうぶ?
[PR]

by hiroshige.m | 2004-08-29 23:10 | うどん  

<< ネギラーメンがなくなった カウンターの中心で「鉄火丼」を叫ぶ >>