カテゴリ:うどん( 228 )

 

ごぼう天うどんの大

【麺日記23】 2004/02/18(水) 博多さぬきうどん渡辺通り店
a0013751_0443531.jpg

前回行ってから日が経たないが再食。

ここの「かしわのおにぎり」はどうも味が薄い。
「かしわのおにぎり」や「かしわめし」はメリハリある味付けのほうが良い。
「牧の」や「因幡」のようなのが好みなので、今回は定番サイドメニューはなし。
そこで「ごぼう天うどん」の大を注文。うどんに集中だ!

出されたうどんは思っていたほどボリュームはない。
麺の量は1.5倍位あるかと期待していたが、1.3倍程度。
しかし、麺はゴツゴツと抵抗し格闘が続く。
麺に集中し一気に完食。

相変わらずうまい。
大盛でも400円! おまけにとってもリーズナブル。

場所:ミニストップ渡辺通り店そば ごぼう天うどん大 400円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-30 23:03 | うどん  

博多はごぼう天

【麺日記20】 2004/02/10(火)  博多さぬきうどん渡辺通り店
a0013751_0462918.jpg

あることは知っていたが、なかなか行く機会がなかった店。
天気も良いし、行ってみることにした。

思ったよりすいており、カウンターの真ん中に座る。
まずは「ごぼう天」を注文。ついでに「おにぎり」も注文する。
なぜか、初めてのうどん屋では、必ず「ごぼう天うどん」を注文してしまう。
「ごぼう天うどん」の味で、なんとなくその店の実力がわかるような気がするのだ。

勝手な解釈だが、博多ではごぼう天が定番で、大半の人がごぼう天を注文している。
したがって、ごぼう天が不味かったらお客は来ない。
そこで、店のほうもごぼう天に力を入れざるを得ない。
結果、ごぼう天がその店の実力を表わす…

それはさておき、出されたうどんはやや小ぶりのどんぶりに、
これもまた小ぶりなごぼう天が載せられ、色の薄い博多風のすめがかけられている。

どうしても「大名店」と比較してしまうのだが、麺はほぼ同等のこしの強さ。
ごぼう天は小さめで、ごぼう自体も細い。
すめはやや薄いような気がするが、イリコの効いたしっかり味。

全体的に「大名店」よりライトなイメージ。
しかし、他のうどん屋に比べると相当にヘビーですな。
どうしても麺と格闘する感じになってしまう。

これで300円はたいへんお得でしょう!
ちなみにここのおにぎりは自立していました。

場所:ミニストップ渡辺通り店そば ごぼう天うどん300円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-29 22:03 | うどん  

格安うどん

【麺日記17】 2004/02/4(水)  「はな丸うどん天神店」

I松さんに教えてもらった店。

パピヨン店には以前行った事があったが、天神付近にあるとは知らなかった。

とにかくうどん一杯が100円。
今回は「かまたま中」を注文。

お味はまあまあだし、待たずにすぐ食べられるし、安いし。
これから金の無いときは世話になる予感大。

以外と近くにあった、格安うどん。

場所:天神フタタ裏 かまたま中380円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-25 21:29 | うどん  

美人うどん

【麺日記14】 2004/01/29(木) 「讃岐うどん田」

歯医者が長引き昼休みが残り少ない。おまけに麻酔が効いている。
こんな日は、汁気の無い「ぶっかけうどん」が食いたい… 
少々遠いが「讃岐うどん田」に行く。しかし、2時に近いのに満席!

さっそくぶっかけをたのむが「10分ほど待ってくれ」とのこと。
これは湯がきたてが食えるぞ!
しかし、時間がない!(う~ん、いや待つぞ~!)

待つことしばし、出されたうどんは、思ったよりも細めで美人タイプ。
レモン(?)をしぼり、すすりこむ。色白の麺は充分なこしがある。
上に添えられた「かにかま」はご愛敬。

一気に完食。値段の割には、ややボリューム不足を感じるが、お味は上々。
「はかた讃岐系(勝手に命名)」に比較して、まことに上品なうどんです。
(今度は大盛りだ~)

場所:都久志会館裏 ぶっかけうどん
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-23 00:06 | うどん  

「だご?」うどん

【麺日記12】 2004/01/27(火) 博多さぬきうどん
a0013751_22172976.jpg

寒い日が続きます。山は雪かな?
しばらくラーメンが続いたが、今回は久々のうどん。

うどんと言えば博多駅前の「うどん平」だが、ちと遠い。
近くてうまいところは… 大名の「博多さぬきうどん」
I松さんは「だご!」と言うが、あの強いコシはなかなかのもの。

相変わらず客は多い。注文は定番「ゴボウ天」ついでに「かしわのおにぎり」。
ここのおにぎりは握り方が弱いせいか、自立できずへなっている。

出されたうどんは強力! 麺はやたらと長く、太さも途中で太くなったり細くなったり…
太いところはちゃんと茹だっているのか?と心配に。
噛むと「喰われてなるものか!」と押し返す歯ごたえは他には無い食感。

すめは、かつおと昆布といりこの絶妙なコンビネーション、麺に負けない強さがある。
思わず、最後の一滴まですすってしまう。
 
麺はゴリゴリの硬麺。しかし、おにぎりはヤワヤワ。コレもまた良し!
今度は、渡辺通りの店にも行かなくては。(F里さんのおすすめ)

場所:一風堂天神本店向 ゴボウ天うどん 500円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-21 22:57 | うどん  

麻酔が…

【麺日記07】 2004/01/19(月) 「みすず庵」

本日は、歯医者に行き麻酔が切れないままの麺となった。

時間もないし、歯にやさしい麺として「みすず庵」の鳥南蛮そばが頭に浮かぶ。

1階は満席のため地下へ。献立表を見ると「カレー南蛮そば」の文字が…
先日、近くにある「地蔵」のカレー南蛮そばが期待はずれだったことを思い出し、即変更。

熱々のどんぶりが運ばれてきた。早速麺をススル!
ところが、口に入れたはずのそばが、いつの間にかこぼれている!
まだクチビルの感覚が戻っていないのだ。、

ソロソロとそばを口に運び、ゆっくりと噛む。これをひたすら続ける。
どうにか麺は片づけたが、問題はすめである。これをこぼすとたいへんなことに!
どんぶりをゆっくりと持ち上げ、徐々に吸い込む…
これがとっても熱い!逆流しそうになるが、必死で飲み干す。
時間はかかったがなんとか「無事完食」

ホッとして一気に水を飲む。とたんに口から噴水状態。単なるひんしゅく者でした。

お味の方は「よくわからない」って感じでしたが、
あのすめには柔らかいうどんがあってるようです。

場所:ベスト電器本店横 カレー南蛮そば 650円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-15 00:54 | うどん  

仕事始め

【麺日記02】 2004/01/06(火) さぬき麺業

今年の仕事始めは、室長に二次会に誘われ「居酒屋てんじん」に繰り出しました。
室長も今年が最後と思ってか、結構盛り上がり初日からへろへろ状態。

翌日は強力な二日酔いだったため、「さぬき麺業」できつねうどんを食すことに。
お味は…あまり体調がよくなかったせいもあるとしても、麺に「こし」が有りすぎ!
こしが有るというよりも「かたい」と言った方が早い感じ。

それより一番問題なのは、こしのある麺に対してすめが弱すぎること。
この麺に対しては博多風のすめより、もっと濃く強いモノでないとバランスがとれない。
以前行ったときは感じなかったのですが…

席はいっぱいだったので人気店だと思いますが、なかなか難しいモノです。

場所:日銀裏(IBSスポーツの地下)

最近「麺人間」になってしまいました。
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-12 00:11 | うどん  

新年からの記録

趣味の山歩きと、大好きな麺類(うどん・ラーメン)を中心とした「雑記」です。
なんとなくつづりました。

【麺日記01】 2004/01/03(土) 小麦冶

今年、年明けの「初麺」は1月3日に行った箱崎の「小麦冶(こむぎや)」。
見かけはドライブインのような大型店舗で、天井も高く広々とした印象のお店。

注文は、私が「スタミナうどん」、カミさんは「ゴボウ天うどんキツネ・南瓜天入り」。
スタミナうどんは、「わかめ・肉・ゴボウ天・生卵」入りで380円!
ゴボウ天うどんキツネ入りは、ゴボウ天うどん280円+あげ50円+南瓜天100円。

すめは透明で、やや塩気が強いシンプルな味だが、
麺は私好みの「博多うどん」で、表面はふわふわと柔らかく、
噛んでいくと芯の方には「こし」が残っているタイプ。

肉の味付けも濃すぎて「すめ」の味を変えることもなく、
十分にボリュームもあり、満足できるもの。
カミさんの方も期待していた以上に各トッピングが充実しており満足げ。

とにかく価格に感動!この内容・ボリュームで…、
なんと、素うどんなら130円!今年は正月から当たりでした。

場所:国道3号線沿い「箱崎埠頭入口」そば
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-12 00:06 | うどん