カテゴリ:うどん( 228 )

 

初ウエストはかき揚げ

【麺日記 544】 2007/1/15(月) ウエスト 小戸店
a0013751_2236114.jpg

今年初の「ウエスト」でかき揚げうどんを啜る。
昨年もかなり行きましたが、今年は何回行くのでしょうか?

場所:西区小戸4-3-34  かき揚げうどん390円
[PR]

by hiroshige.m | 2007-02-11 22:38 | うどん  

バイキングのマナー

【麺日記 543】 2007/1/14(日) はま亭うどん
a0013751_222052.jpg

「ご近所麺処探訪」で向かったのは「はま亭うどん」
かなり以前に食べたことはあるのだが、その時の印象は「?」だった。しかし、いつも駐車場は満杯だしトリアスに支店ができたり… 積極的展開をしているところをみると評判は上々のようだ。
a0013751_22221298.jpg

入口付近でしばらく待たされた後、窓際のカウンターに案内される。そこで、うどんかそばを注文した後は、店の中央に置かれたおかずを自由に取ることができるバイキング形式。
ただし、ご飯もの(かしわ飯・白飯)は20円UPになる。
ホテルの朝食のごとく、片手に取り皿を持ちおかずを物色。うどん屋らしくごぼう天などの各種天ぷらをはじめ、サラダ、佃煮、煮物、漬物、ミカンなどバラエティ豊かに20種類はあるだろうか。
a0013751_22223099.jpg

トッピング系を適当にとって席に戻ると、おそらく様子を見ているのであろう。いいタイミングでうどんが出される。
うどんはやや太目の麺と節系のスメで博多風と言った味わい。ただ、麺はポヨンとした見た目だが思ったより引きのある歯応え。それほど期待していなかっただけにウレシイ誤算だ。皿の上の具を載せると絢爛豪華なうどんに変身。普段はシンプルな麺がスキなのだが、今回ばかりは宗旨替えですな。
a0013751_22213564.jpg

隣の若者は2ラウンドめだったが「キツいっすね」とかなり苦しそう… バイキングのマナー「食べきれる分だけ皿にとる」は守りましょうね。しかし、480円で超満腹ってのは他では考えられんなぁ いつも駐車場が一杯なのも頷けるね。


場所:東区土井3丁目2-18  うどん480円
[PR]

by hiroshige.m | 2007-02-11 22:24 | うどん  

実に普通のうどん

【麺日記 542】 2006/12/17(日) あずみうどん 太宰府店
a0013751_22204762.jpg

本日は麦夫君の目の検査で病院へ。
さすがの麦夫君も歳のせいか「ドライアイ」になって、
いつもショボショボ… 涙の量を測り目薬をもらって帰る。

帰りにいつも通る県道沿いの「あずみうどん」に寄る。以前「そが泉」があった場所に新しくオープンした店である。本格的なさぬきうどんを出していた「そが泉」だったが、地元の嗜好に方向性を見失ってしまったのだろう、惜しくも閉店。その後しばらく閉まっていたが、11月に筑後地区で手広くチェーン展開をしている「あずみうどん太宰府店」が開店した。
a0013751_22222921.jpg

外観も店内のレイアウトも殆んど変化はなし。入口付近に漬物や佃煮等が置かれていて自由に取る事ができるようになっているのがうれしい。「丸天うどん」を注文し、漬物をつまみながら待つこと3分。ほとんど待たされることなく提供された。
a0013751_22225011.jpg

無色と言っていいほど透明感のあるスメ。そこにポヨヨンとした麺が浮かんでいる。もっと太い麺を想像していたが、思ったよりスリムなスタイルだ。ただ、歯応えはあくまでも優しく、おだやかなコシはいかにも「筑後うどん」をイメージさせる。スメも強い個性は感じさせず、柔らかな昆布と節の出汁が身も心も癒してくれるようだ。
a0013751_2223526.jpg

突出した部分は感じられないが、普段に食べるうどんとしては上出来。個性的であった「そが泉」の麺と比較することはできないが、実に普通のうどんである。しかし、商いとしてはその普通さが重要なのかもしれませんなぁ

場所:太宰府市北谷861-3  丸天うどん 400円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-12-17 22:15 | うどん  

ヌルくはないがアツアツでもない

【麺日記 541】 2006/12/16(土) 寿軒
a0013751_21512623.jpg

本日は博多駅東で組合の大会が開催される。長年役員をさせてもらっていたが、いよいよこの大会が最後。今後の活動は後任のY下さんに託すことになった。何かと逆風が強いこの頃ですが、さぬきうどんのようにしなやかかつ粘り強く活動を進めてください。

午前中に準備を行うため、早めに家を出て博多駅で朝食。駅ホーム上にある「寿軒」で立ち食いうどんを食す。以前は通勤の途上で毎日のように食べていた「寿軒」 薄っぺらなプラスチックの丼にテロテロ麺が忘れられない。

近頃は場所が変わり、チケットを購入するようになっているし、丼も樹脂製だが黒っぽい厚みのあるものに変わっている。ただ、麺を短時間温めすぐに出されるスタイルに変更はなし。スメはヌルくはないがアツアツでもない、立ち食いには適当な温度にされている。

実は駅の「立ち食いうどん」の温度管理は非常に難しいのでは?と思っている。ヌルければ「不味い」これは当然だが、逆に熱ければ食べにくく、列車が入って来ても「食べ終わらない」ってことになるので、熱すぎない程度でスル~と入る温度にしておく必要があるのではないか… と常々考えているのだ。季節にもよるのだろうが、この辺りのノウハウってのが結構売り上げに影響しているのではないかと推理するのは私だけ?

そう考えると「寿軒」のうどんの温度は絶妙ってことかな~
熱からず、ぬるからず、ウマからず… でも、心休まる麺です。

場所:博多区博多駅8番ホーム  かしわうどん310円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-12-16 21:46 | うどん  

大好きなネギが?

【麺日記 541】 2006/12/ 5(火) 因幡うどん 博多デイトス店
a0013751_0371660.jpg

本日も夕刻より博多駅近くで定例の会議。
さて、軽く腹に入れとかなくては…と「因幡うどん」へ。

この時期季節メニューへの変更もあるが、
ごく普通に「いつものごぼう天うどん」を選択する。
ただ、いつもと少し違っていた点があった… それは!
テーブル上に用意されているはずの「ネギ」が無いのだ。
丼には申し訳程度に一掴み載せられているだけである。
a0013751_0393828.jpg

指定された農家から集められたフレッシュなネギ。
麺が見えないくらいぶっ掛けてワサワサと食べるのがスキ♪
他の店なら諦めもつくが、天下の因幡でできないとなると…
ネギの価格高騰なのか不作なのか? 早期の復活を願いたい。

場所:博多区博多駅中央街デイトス1F  ごぼう天うどん420円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-12-05 00:36 | うどん  

困ったときの小麦冶

【麺日記 540】 2006/12/ 3(日) 小麦冶 松崎店
a0013751_2112580.jpg

本日は晩飯を喰う金がないので「小麦冶」に突入する。
ここはかけうどんが140円と超リーズナブルな設定。
肉うどんでも290円だ。困ったときの小麦冶頼みだね。

久々の入店だが、若干のメニュー変更があったもよう。
「スタミナうどん」などが外されている代わりに、
「辛子高菜」や「小えびのてんぷら」などの新商品が
追加されているようだ。そこで「温泉玉子うどん」を選択。

見た目はほとんど「月見うどん」だが、さてそのお味は…
やっぱり月見うどん。スメが多く玉子の味が不足気味か?
でも、小麦冶らしいホタホタ麺でこれはこれでアリだな。

場所:東区若宮5-16-20  温泉玉子うどん240円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-12-03 21:09 | うどん  

暴飲暴食が祟る

【麺日記 538】 2006/11/29(水) 牧のうどん マリナタウン店
a0013751_22204398.jpg

9月以降久々の「牧のうどん@マリナタウン店」
「ごぼう天+わかめ」の選択も前回と同じ。

ところが「柔らか中麺」の量が半端じゃなく多い。
わかめも心なしか多いようだ。運びながらたじろぐ。
実際、最後まで啜り上げることができなかった…
体調も芳しくなかったが、麺を残したのは初めて。
a0013751_2221825.jpg

健康診断の結果は「高脂血症・高尿酸値・貧血」と、
まるで三重苦状態。連日の暴飲暴食が祟っとるなぁ
最近急に突き出してきたメタボ腹を擦りながら思案中。

場所:西区豊浜3-1-10マリナタウン内  ごぼう天+わかめ480円

本日のプリティ
[PR]

by hiroshige.m | 2006-11-29 22:17 | うどん  

サービス過剰?

【麺日記 537】 2006/11/25(土) 葉隠うどん
a0013751_2373445.jpg

本日は休みだが夕方より博多駅前に所用でお出かけ。
ついでに「葉隠うどん」へ突入する。

半端な時間帯だったので先客はなし。
名物「海老かき揚げうどん」を選択するも品切れ。
それじゃ~「肉うどん+ごぼう天」のあわせ盛りだ!
a0013751_2375862.jpg

ボリューム満点の豪華仕様。いつもより麺が多いし、
これでもか~って、大量のごぼう天が投入されている。
肉も多いなぁ なんだかサービス過剰な気もするが…
いつものとおり美味しゅうございました。
a0013751_238111.jpg

ただ残念だったのが麺。どうも茹で置きだったようで、
ややコシが抜けていたのが心残り。時間帯が悪いよな~

場所:博多区博多駅南2-3-32  ごぼう天+肉うどん520円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-11-25 23:02 | うどん  

スメはかなりストロング

【麺日記 534】 2006/11/14(火) さぬきうどん 平山
a0013751_235537100.jpg

本日は1人で前原に出張。昼は「さぬきうどん平山」へ。
実は上司を最初に案内したのがこの店。しかし、その日は
あいにくの定休日。そこで「牧の本店」に変更したのだった。

以前訪問した時に美味い麺を食わせる店だと思っていたが、
その時はカメラなしだったので、ぜひとも再訪を願っていた店。
香川の有名店で修行し、本場の讃岐うどんを打つ寡黙なご主人。
なめらかでいて強いコシを感じる麺は福岡には無いタイプ。
a0013751_23565193.jpg

今回チョイスした麺は「釜玉うどん」と「ひやあつ」の2種。
「釜玉」はアツアツの麺に生卵を載せ、上から醤油を垂らす。
それをグニグニとかき混ぜ、麺の余熱で半熟状態になった麺を
ズビズビ~とすすりあげる… うどんカルボナーラは一級品。
a0013751_2357419.jpg

続いて、水で締めた麺に熱いダシをかけた「ひやあつ」登場。
冷水で引き締められた麺は、釜玉に比べグッとコシが強まり、
歯応えが一変する。噛み込むと押し返すような弾力が感じられ、
それでいて硬さは無い。咀嚼する際には柔らかな引きがある。
a0013751_23573126.jpg

イリコの利いたスメはかなりストロング。
口の中に広がる香りは強く、慣れない人はキツイかもしれない。
しかし、絶妙のバランスでエグ味等はまったく感じられない。
適度なコシの麺とパンチのあるスメのコラボレートは実に秀逸。
a0013751_23574958.jpg

前原市役所のそばとはいえ、福岡市内よりかなり離れているし、
西へ50mほど行くと、強敵「うどん屋ウエスト」がある。
おまけに駐車場も狭いし、愛想もない、時間もかかる… 
まったく逆風だらけだが一度喰うべし! その価値はあり。

場所:前原市前原西4-2-15   釜玉うどん350円 ひやあつうどん350円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-11-14 23:53 | うどん  

表面のアクはうまさの証し?

【麺日記 533】 2006/11/13(月) 牧のうどん 加布里本店
a0013751_2394086.jpg

デジカメが新しいモノに変更になった。
まだ使い方がよくわからないので上手くいかない…
前のデジカメも慣れるまで2年近くかかったしなぁ
お願いだから慣れた頃に壊れたりしないでよね~

本日は上司と前原まで出張。昼に「牧のうどん」へ。
以前、今宿店には行ったことがあるらしいので。
本店に連れて行く。上司は「ごぼう天」を選択。
ならば、久しぶりに「鴨うどん」を食べてみるべ。

最近は「牧の」でも年中出されているようだが、
鴨は寒い時期に食べたいもの(冷凍であっても)
コクのあるスメは鴨うどん専用。暖まりますな~

上司も「本店は一味違うの~」との感想でした。
しかし、表面のアクはどうにかなりませんかねぇ

a0013751_231016.jpg

帰りに寄った「雷山千如寺大悲王院」
紅葉がなかなかよございました。

場所:前原市神在1334-1  鴨うどん490円
[PR]

by hiroshige.m | 2006-11-13 23:07 | うどん