<   2004年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

ごぼう天うどんの大

【麺日記23】 2004/02/18(水) 博多さぬきうどん渡辺通り店
a0013751_0443531.jpg

前回行ってから日が経たないが再食。

ここの「かしわのおにぎり」はどうも味が薄い。
「かしわのおにぎり」や「かしわめし」はメリハリある味付けのほうが良い。
「牧の」や「因幡」のようなのが好みなので、今回は定番サイドメニューはなし。
そこで「ごぼう天うどん」の大を注文。うどんに集中だ!

出されたうどんは思っていたほどボリュームはない。
麺の量は1.5倍位あるかと期待していたが、1.3倍程度。
しかし、麺はゴツゴツと抵抗し格闘が続く。
麺に集中し一気に完食。

相変わらずうまい。
大盛でも400円! おまけにとってもリーズナブル。

場所:ミニストップ渡辺通り店そば ごぼう天うどん大 400円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-30 23:03 | うどん  

ハーフではなくフルで

【麺日記22】 2004/02/17(火) 「櫻々」

H川先輩の葬儀に出席。
いろいろな考え方や生き方を教えてくれた人。
二年半の闘病の末帰らぬ人に… 合掌。

帰りに同じ麺好きの先輩と「櫻々」寄る。
トンコツラーメンと半焼飯の「ラーメンセット」を注文。

ラーメンのスープは今風のこってり系で、味も上々。
麺は極細麺。
しかし、こってりスープとのからみは良く好印象。

しかし、一番印象的だったのは「半焼飯」。
たいへん良くできた焼飯。
飯はパラパラ、具の野菜や卵とのバランスも良い。
ハーフではなくフルで食べたかった。

場所:警固交差点そば ラーメンセット700円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-30 01:31 | ラーメン  

進化するラーメン

【麺日記21】 2004/02/16(月) 「麺や おの」

開店してほぼ一月。そろそろ味も落ち着いてきた頃だろうと、
「麺やおの」へ2回目の訪問。
最近はネットでネタにされたり、タウン誌などの露出も多くなり、有名になったようだ。

地下に降り扉を開けると、相変わらず威勢のいい声。
味の変化を確かめようと、前回と同じ「丸鶏しょうゆラーメン」を注文。

カウンターから厨房の様子を窺うと、
麺茹で、トッピング、スープなどの担当がはっきり決められ、
4人ほどの男性がてきぱきと注文をこなしている。
そして、最後に店長らしき人が味のチェックを行い、
その後配膳されていたことが印象的。

出されたラーメンは、相変わらずの豪華仕様。
具や見た目はほとんど変わらない。
しかし一口スープをススルと「ウムム…」

鰹節や鶏の旨みが充分に引き出された濃厚なスープは、
確実に前回より良くなっている。

また、炭の香りがするチャーシューが絶品!
一枚一枚丁寧に七輪で炙られ、香ばしさが逃げないうちにトッピングされる。
これだけで充分酒のアテになりそうだ

オペレーションも含め、確実に進化していることが感じられる。
これからも目が離せないラーメン屋。

場所:親不孝通り「ビビンバ屋」の地下 丸鶏しょうゆラーメン 680円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-30 00:37 | ラーメン  

博多はごぼう天

【麺日記20】 2004/02/10(火)  博多さぬきうどん渡辺通り店
a0013751_0462918.jpg

あることは知っていたが、なかなか行く機会がなかった店。
天気も良いし、行ってみることにした。

思ったよりすいており、カウンターの真ん中に座る。
まずは「ごぼう天」を注文。ついでに「おにぎり」も注文する。
なぜか、初めてのうどん屋では、必ず「ごぼう天うどん」を注文してしまう。
「ごぼう天うどん」の味で、なんとなくその店の実力がわかるような気がするのだ。

勝手な解釈だが、博多ではごぼう天が定番で、大半の人がごぼう天を注文している。
したがって、ごぼう天が不味かったらお客は来ない。
そこで、店のほうもごぼう天に力を入れざるを得ない。
結果、ごぼう天がその店の実力を表わす…

それはさておき、出されたうどんはやや小ぶりのどんぶりに、
これもまた小ぶりなごぼう天が載せられ、色の薄い博多風のすめがかけられている。

どうしても「大名店」と比較してしまうのだが、麺はほぼ同等のこしの強さ。
ごぼう天は小さめで、ごぼう自体も細い。
すめはやや薄いような気がするが、イリコの効いたしっかり味。

全体的に「大名店」よりライトなイメージ。
しかし、他のうどん屋に比べると相当にヘビーですな。
どうしても麺と格闘する感じになってしまう。

これで300円はたいへんお得でしょう!
ちなみにここのおにぎりは自立していました。

場所:ミニストップ渡辺通り店そば ごぼう天うどん300円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-29 22:03 | うどん  

難所ヶ滝

【山日記 1】 2004/02/8(日)  三郡山

今年二回目の寒波。久し振りに「三郡山」を目指す。
登山の前にまず腹ごしらえ。登山口の近くにある「そが泉」に行く。

ここは昨年から何度も通うが、「ぶっかけ」「かまたま」しか食べていない。
今回は「ごぼう天」だ!
すめはカツオとイリコの薫り高く、塩気も適度で好感触。

麺は「ぶっかけ」「かまたま」などと違い、
温いすめで出されるためこしが弱く感じるが、噛むと芯に充分に残っている。
ただ、てんぷらが揚げて時間が経っていたせいか、フニャっていたのが残念。

腹ごしらえも終わり、「昭和の森」へ向かう。
すでに13時をまわり、本当なら止めるべきなのかもしれないが、
天気もいいし、結構入っている人も多そうなので入山する。

時間も遅いので「三郡山」へ直登するルートを取る。
しかし、久し振りに通るこのコースが大変な状況に!

昨年の集中豪雨のせいで寸断(崩壊)され、登山禁止の看板が出ている…
ただ、雪の上に踏み跡が付いているので、それをたどることに。

しばらく崩壊地沿いにたどっていくと、記憶にあるところに出た。
思い出しつつ登るが、次第に雪が深くなり足元が不安定に。
ここでアイゼンを付ける。
久し振りのアイゼン、ザクザクと雪を噛む感触が心地良い。

傾斜がきつくなりジグザグのルートをつめると縦走路。
雪はひざ位あるが、すでにしっかり踏まれておりスタスタと歩ける。
山頂はすぐそこである。

山頂でビールを空ける。気温氷点下2~3度位、無風。
下山は難所ヶ滝を経由するルートをとる。
縦走路はすべて雪で覆われ、気持ちよく歩ける。
このような雰囲気は福岡では、年に一度あるかないかであろう。

難所ヶ滝は充分氷結している。時間も4時に近いため、
夕日が氷柱に当たり、なかなか壮観である。
ただ、バラバラと氷の破片が降ってきたのはちょっと不気味。
破片にあたり怪我する人もいるようなので、先を急ぐ。

途中で登ってくるグループとすれ違うが、運動靴で登っていた。
スリップして怪我をしないことを祈る。

「昭和の森」 4時半着

今月末に大山に行く予定。
今回はぜひ山頂を踏みたいものです。

「そが泉」
場所:古賀二日市線只越え ごぼう天うどん390円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-27 00:18 | 山登り  

甘めのスープ

【麺日記18】 2004/02/5(木) 「博多葱一」

天神二丁目をどこにしようかと歩く。
「あか倉」の目の前に気になっていたラーメン屋が…ここに決定。

カウンターに座りお品書きを見る。セット物もあるようだが、最初はラーメン!
出されたラーメンはその名のとおり葱が多めに入り、ごまが初めから入っている。

スープはとんこつと鶏ガラのブレンド。
やや鶏ガラの香りが強いがしつこくなくうまい。

麺は極細。これも甘めのスープとよくなじんでいる。
つい替え玉までしてしまう。

いい店を見つけました。また天神二丁目通いが続きそう。

場所:都久志会館そば ラーメン480円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-26 23:37 | ラーメン  

格安うどん

【麺日記17】 2004/02/4(水)  「はな丸うどん天神店」

I松さんに教えてもらった店。

パピヨン店には以前行った事があったが、天神付近にあるとは知らなかった。

とにかくうどん一杯が100円。
今回は「かまたま中」を注文。

お味はまあまあだし、待たずにすぐ食べられるし、安いし。
これから金の無いときは世話になる予感大。

以外と近くにあった、格安うどん。

場所:天神フタタ裏 かまたま中380円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-25 21:29 | うどん  

あっさり系

【麺日記16】 2004/02/2(月) 「一華亭」

以前から見当はつけていたが、チャンスに恵まれず行けなかったところ。

店構えは至ってシンプル。カウンターのみのレイアウト。
ただ、調理場がやや高く見下ろされるような感じ。

ねぎラーメンを注文。やや小ぶりの器にねぎが大盛で出される。
スープはとんこつあっさり系。住吉亭に通じるものを感じる。
麺は細めのストレート。スープとのバランスはとても良い。

あっという間にたいらげ「替え玉」を注文。
今度は「辛子高菜」を入れつつ食す。
これもなかなかうまいです。

濃厚系がもてはやされてますが、あっさり系も良いものです。

場所:博多駅前「出来町公園」まえ ねぎラーメン650円
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-25 21:26 | ラーメン  

チャンポンラーメン

【麺日記15】 2004/01/30(金)  「二葉亭デイトス店」

今日は中比恵公園で集会。博多駅の近くで思いつくところは…
二葉亭の「チャンポンラーメン」だ。

博多駅前にいる頃は、毎週のように通っていた二葉亭。
駅近くに何店舗かあるが、チャンポンラーメンを置いているのは「デイトス店」のみ。

スープはとんこつ、麺はラーメン、具はチャンポンのハイブリッド種。
濃厚なスープは、食べているうちに野菜のエキスがじんわりとしみだし、旨味が増す…

胡椒をやや多めに入れ、パンチを効かせるとたまらなく美味い!
やや太目の麺に野菜もたっぷり。

ただ、値段が少々お高く700円。
しかし、麺のボリュームもあり、これ一杯で充分満足。

場所:博多駅デイトス2F
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-23 00:14 | ラーメン  

美人うどん

【麺日記14】 2004/01/29(木) 「讃岐うどん田」

歯医者が長引き昼休みが残り少ない。おまけに麻酔が効いている。
こんな日は、汁気の無い「ぶっかけうどん」が食いたい… 
少々遠いが「讃岐うどん田」に行く。しかし、2時に近いのに満席!

さっそくぶっかけをたのむが「10分ほど待ってくれ」とのこと。
これは湯がきたてが食えるぞ!
しかし、時間がない!(う~ん、いや待つぞ~!)

待つことしばし、出されたうどんは、思ったよりも細めで美人タイプ。
レモン(?)をしぼり、すすりこむ。色白の麺は充分なこしがある。
上に添えられた「かにかま」はご愛敬。

一気に完食。値段の割には、ややボリューム不足を感じるが、お味は上々。
「はかた讃岐系(勝手に命名)」に比較して、まことに上品なうどんです。
(今度は大盛りだ~)

場所:都久志会館裏 ぶっかけうどん
[PR]

by hiroshige.m | 2004-04-23 00:06 | うどん